義母とのエッチな体験談!憧れの嫁母の弱味を握り玩具にしました

義母とのエッチな体験談!憧れの嫁母の弱味を握り玩具にしました

私は31歳の会社員。
結婚4年目で、嫁の両親と同居中です。

いわゆるマスオさんってやつですね。

嫁が23歳ということもあり、義両親も40代とまだまだ若め。

義母にいたっては、すれ違う男性が振り返るのをよく目撃します。

いまだ現役感があり、大人の色気がヤバいんです。

イケない事だと分かっていても、ついつい女として意識してしまう自分がいます。

お恥ずかしい話すですが、寝ている妻の隣で義母をおかずにオナニーすることも。

ある日、そんな憧れの義母と禁断の関係を持ってしまう事件が…

これはリモートワーク期間中に起こったエッチな体験談になります。

義母を意識して、悶々とする日々

1階に嫁の両親が住み、2階に私たち夫婦。
玄関は1つしかないので、義母や義父とよく顔を合わせます。

全員が働いてるので平日は顔を合わせる程度ですが、週末は皆で食卓を囲むことが多いです。

義両親には色々とよくしてもらっており、とても良好な関係。

しかし、私が日常的に義母を女として意識してしまうことが…

玄関が1つしかないと言いましたが、お風呂も義両親が住む1階にしかありません。

洗濯物入れに無造作に入っている義母の下着に、どうしても目がいってしまうんです。

だってセクシーな下着ばかりだから…

義母の下着

まだ40代ということもあってか、現役バリバリの下着を履いている義母。

派手な下着を履いてるし、仕事から遅く帰ってくることも多いので、浮気してるんじゃ…と疑ったりもしています。

色気ある義母の下着ですから、駄目だと分かっていても手が伸びてしまいます。

写メを撮ったり、股間の部分の匂いを嗅ぎながらヌイたり。

ヤバイですよね(汗)
そんな自分に毎度嫌気がさしますが、どうしても止められません。

もう一つ、義母にムラムラとてしまうことがあります。

酒癖が悪いんです。
普段は上品で優しく、凛としているのですが…

お酒を多めに飲むと別人に。
酔っ払うと距離が近くなり、おっぱいが私の腕に当たりドキドキなんてことも。

飲み過ぎた翌日は、記憶がないことがよくあるそうです(笑)

そんな悶々とした日々に急展開が。

リモートワークで義母と2人きりに…

緊急事態宣言があけた頃のこと。

家族4人とも働いていると先程言いましたが、妻と義父は会社に通うようになり、私と義母はリモートワークに。

しばらくの間、日中は義母と2人きり。
ただ1階と2階で居住スペースが別なので、あまり意識はしていませんでした。

しかし、リモートワーク3日目の朝。
洗面所でバッタリ義母と顔を合わせます。

「佑二さん、お昼は何食べてるの?」

「カップラーメンばっかですね(汗)」

「体に悪いよ~。
佑二さんの昼食も一緒に作るから、1階に食べにきなさい」

私の健康を心配した義母から、ありがたいお言葉。

義母と2人きりの食事は経験がなかったので、「もしかして何か起こるんじゃ…」と少し期待していました。

12時少し過ぎた頃、

「ご飯できたわよー」

1階から義母の声が。
浮ついた気持ちを抑えつつ、急いで下にかけ降りる私。

楽しく会話しながら食事はできましたが、何も起こらずお互い午後の仕事へ…

(まぁそりゃそうだよな…何期待してんだ俺)

と肩を落とし、午後の仕事を再開しました。

その日から、お義母さんは私の分まで昼食を毎日作ってくれるように。

当たり前のように一緒に昼食を食べる、そんな生活が10日ほど経ったころ。

昼食を食べに1階に降りると、様子がおかしい義母。

「朝から飲んじゃった(笑)」

家に閉じこもっての作業にストレスが溜まり、気晴らしに飲みながら仕事をしていたらしい。

足元がふらつき、明らかに酔っ払っています。

「お義母さん…
大分酔ってそうですが、大丈夫ですか?」

「だいじょうぶ、
ら…いじょうぶ!
朝にZoom会議終わったし、問題ないさ~(笑)」

先ほど言いましたが、いつもは上品で優しい義母ですが、酔うと人格が変わります。

酔っている時に2人きりになったことがないので、かなり戸惑う私。

気分よさげにSTRONGを飲みながら食事をしているのですが、体が左右に大きく揺れています。

朝にZoom会議があったためか、白シャツ姿の義母。

酔っ払っているからか、その白シャツの胸元が大きくはだけています。

「佑二さんも、一杯付き合って~」

「いや…
仕事が残ってるのでちょっと…」

「お義母さんの誘いを断るの?」

するどい眼光で私を睨みつける義母。
睨まれているのですが、どこか可愛らしさを感じます。

「じゃ…じゃあ、少しだけ…」

「うふふふ」

嬉しそうにニッコリと微笑み、千鳥足で冷蔵庫にお酒を取りにいきます。

酔っ払った義母のエロすぎるフェラ

STRONG缶とコップを持ってきて、私の隣に座る義母。

「私が注いであげるね~」

そう言う、彼女の手は明らかにふらついています。

「自分でやるから、大丈夫ですよ」

「らいじょうぶっ!私に任せて!」

案の定、上手く注げず…
私の履いていたパンツと、義母のスカートにお酒がドボドボと。

私が唖然としていると…

目の前で濡れたスカートを急に脱ぎはじめる義母。

(えっ!!)

そう心で叫ぶと同時に、義母のやらしいTバックを見てギンギンに勃起するチンポ。

いつも下着の匂いを嗅ぎながらオナニーしてる訳ですから、私の息子がすぐに反応しても無理がありません。

白シャツにTバックという、AVに出てくるエロ女医さながらの姿。

そんな卑猥な格好で、私の目の前でしゃがみ濡れたパンツに触れてくる義母。

「すごい濡れてるね…脱いで」

そう言う彼女の目は、酔っ払いのフワフワとぶっ飛んだ目をしています。

酔っ払うと記憶が曖昧になり、覚えていないことが多い義母。

2階に着替えに戻ろうか迷ったのですが、イヤらしい姿を見て私のタガは完全に外れてしまいます。

翌日、義母が覚えてないことに全BETすることに。

濡れたパンツを自分で脱ぎながら、

「だから、俺が注ぐっていったのに…
責任取ってくれますか?」

「責任…?」

不思議そうな顔でこちらを見つめる義母の前で、ボクサーパンツまで脱ぎ捨てフルチンに。

「濡れたのお義母さんのせいなので、舐めてください」

「私のせい…?ごめんらさい…」

完全に目の焦点が合っていません。

私がそのまま無言で寝そべると…
濡れた私の足元から舐め始める義母。

とんでもない光景に、慌ててスマホを手に取る私。

足の指を舐める義母

憧れていた義母が私の足の指を舐めている…
そのあり得ない姿に興奮しすぎて、波打つように勃起するチンコ。

イヤらしいTバック尻を鷲掴みにすると、

「あぁん!」

敏感に反応する義母。
お尻を掴んだだけで感じているようなので、さらに揉んでみると。

「あぁん…気持ちいい!」

酔っているとはいえ、あきらかに私の手で感じている義母。
マンコに触れてみると、ビッショリと濡れています。

「お義母さんエッチですね。
ちょっと触れただけでズブ濡れじゃないですか」

「もっと…もっと触っれ…
あぁああん」

色気があるとはいえ、上品なお義母さんがこんなにエロかったなんて…

1度タガが外れた私の欲情は、制御不能な状態に。
今までの悶々とした想いが、暴発するかのように義母にむけられます。

私はチンコを指さし、

「お義母さん、ここがまだ濡れたままです」

そう低い声で呟くと…

義母もマンコを刺激され興奮したようで、やらしい舌使いで私のチンコを舐めはじめます。

酔っているから分からないだろうと思い、堂々とスマホを彼女に向け撮影。

「お義母さん、こっち見つめながらイヤらしく舐めてください」

「あふぅ…はふぅ…」

私に言われた通りレンズを見つめ、エッチな吐息とともにヨダレを垂らし、一心不乱にフェラする義母。

義母のフェラねちっこいフェラで涎の糸が…

超卑猥なフェラがあまりに気持ちよく、舐められてすぐに精子がせりあがってきます。

我慢できなくなった私は、お義母さんの頭を鷲掴みにしてチンコに押さえつけ、激しく上下に振りつけます。

「お義母さん…あっ…イキそうです…」

「うぷ…うっ…うぶぶ」

いつも凛としている義母が、私にチンコを喉奥まで咥えさせられ、苦しそうな表情を浮かべています。

脳が焦げつくほどの興奮…

“ドピュッ、ドビュドビュドビューーー”

あり得ないぐらい大量の精子が、お義母さんの口の中に射精されました。

今まで興奮していたことが嘘のように、一気に我に返る私。
大変なことをしてしまった思いから、逃げるように2階にかけ上がりました。

義両親のベッドで義母とエッチ

射精直後は罪悪感と今後の不安で、頭がパニック状態。

しかし、少し経つと義母のイヤらしいフェラを思い出し、嫁が帰ってくるまでに何度もヌイてしまいました。


- 翌日 -

どのように顔を合わせたらいいんだろうと悩んでいると…

「佑二さん、ご飯できたわよー」

12時過ぎたころ、1階から義母の声が。

(うん!?覚えてないのか…!?)

少しホッとして1階に降りると、テーブルに昼食を準備している義母の姿が。

こちらを全く見てくれません。

そして、重苦しい空気のままお互い席に座ると…

「あの…佑二さん。
昨日…何かあった…?」

「…。
全く覚えていませんか?」

「ほとんど覚えてないんだけど、
何か…薄っすら記憶があって…」

「…」

「ちゃんとは思い出せないけど…
私酔ってたから…おかしな事してたら忘れてちょうだい」

「はい…分かりました」

重苦しい空気の中、食事をする2人。

しかし義母を見ると昨日のことを思い出し、勃起したペニスがおさまりません。

(もう1度、お義母さんとエッチなことがしたい…)

その思いで、私の頭はいっぱいに。

エロで支配された私は、ポケットからスマホを取りだします。

そして、昨日撮ったフェラ動画をお義母さんに見せつけました。

「え、ちょっと何これ…
消して、消しなさい!」

「これ、昨日のお義母さんですよ。
こんなにエッチな顔してたんですよ」

必死に手を伸ばし、私のスマホを取り上げようとする義母。

いつもの落ち着いた姿からは、想像できないほどの慌てよう。

そんな彼女の手を抑えつけながら隣に移動し、右手で顎元をつかみ無理矢理キス。

「うぷっ!!うぅん!
ちょっと、佑二さん何するの?止めなさい!」

「昨日、お義母さんから舐めはじめたんですよ?
こんなエロい顔して…」

「何ふざけたこと言ってるの!
うぅん…やめ、やめなさい!」

「これ…お義父さんに見せますよ?」

そう言うと急に大人しくなる義母。

私の言葉に茫然としている彼女の手を取り、引きづるように義両親の寝室へと向かいます。

ベッド脇にあったタオルで、彼女の手を軽く縛ると。

「ちょ…ちょっと佑二さん何するの」

義母の言葉を無視して、またスマホで撮りながら顔面にチンポを押し付けます。

義母の顔面にチンポを押し付ける

「お義父さんにあんな姿見せられたくないですよね?」

「ぜ、絶対にやめて」

「じゃあ、昨日みたくエッチに舐めてください」

もの言いたげな顔をしながら、私のチンコをゆっくりと咥える義母。

「ほら、昨日みたいにヨダレ垂らしながら舐めてください」

観念したのか、イヤらしい表情でフェラしはじめる義母。

シラフの彼女にチンコを舐めさせている…と思うと、たまらなく興奮してきます。

表情が少しずつ恍惚としていく義母。

“チュパチュパチュパ”

フェラしている義母の股間をおもむろに触れてみると、信じらないほど濡れていました。

「お義母さん、洪水のように濡れてますよ」

「やめて…そんなこと言わないで」

濡れ濡れのオマンコの中に指を突っ込み、掻きだすように手マン。

「あぁん!いやぁああああ!やめてぇええ!」

という大絶叫と同時に、

“プッシャーー、シャァーーーーーーーー”

ものすごい勢いで潮吹きする義母。
無様に大きく股を開け、ビクビクと痙攣しています。

少しすると…

チンコを触る義母

何も言わず、私のチンコを握っている義母。

「お義母さん、もう入れてほしいんですか?」

「…」

「入れてほしいって言わないと、入れてあげませんよ」

「い、入れて…」

その言葉に反応して、さらにギンギンに勃起するチンコ。
義母をうつ伏せにして、突き刺すように挿入します。

「あぁ、いぃん、ああああ!」

義母とセックス

酔ってもないのに、義父とのベッドで私のチンポで感じまくっています。

ヨガる姿を見てS心に火がついた私は、左手で髪を引っ張りながらバックで突きまくります。

さらに空いた右手で、義母のお尻をスパンキングすると…

「あぁひぃん!あ゛ぁあああ゛!気持ちいい!」

唸るような喘ぎ声をあげると同時に、腰やお尻がガクガクと震わせながら感じています。

どうやら私が憧れていた義母は、エッチ好きのドスケベ女だったようです。

何度もイキまくり仰向けで放心している義母。
無様なアヘ顔を晒していたので、最後に顔射してやりました。

義母の顔射

義母とその後

その後ですが、義母も私もリモートワークが終わり出社するように。

義母との関係がどうなったかと言うと…

義母とラブホでエッチ

義母とラブホでエッチ3

仕事の後、ラブホでエッチな関係を続けています。

しかも“酔っ払っいフェラ動画”という弱味を握ったことにより、毎回ハメ撮りし放題。

弱味を握られている体にして、義母も楽しんでいるように見えますが(笑)

後から分かった話なんですが、私が疑っていた通り義母は会社の男と浮気していました。

洗面所で見る下着がエロいのばっかりな訳です。

上品で色っぽいと憧れていた義母は、かなりの淫乱女だったようです。

私も彼女の弱味を握った以上、これからも性欲の捌け口として利用させてもらおうかと。

もちろん、家では良い娘婿でいるつもりです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。