保育園の憧れのママ友とセックス!快楽に溺れセフレになった話

こんにちは、前田です。

毎朝、私は子供を保育園に送っているのですが、綺麗なママって結構多いんですよね。


「一度はヤッてみたいな…」


綺麗なママさんと挨拶すると、そんなよこしまな気持ちになることも。

しかし実際にママ友とセックスすることになるとは、思ってもみませんでした。

今回はママ友との出会いから、セフレに至るまでの生々しい体験談になります。

ママ友との出会いは保育園

私たち夫婦は共働き。
妻の出社時刻が早いため、いつも私が子供を保育園に送っていました。

毎日同じ時間に送っていると、顔見知りのママさんもでき、ママ友と会話するのが日課のように。

そんなママ友の中に1人、私のタイプの女性が。
彼女の名前はみかこ

色気たっぷりで、女優の比嘉愛未のような感じです。

女優の比嘉愛未さん
女優の比嘉愛未さん

何とかもっと仲良くなれないかなーと思っていたのですが…

そのチャンスは、思ったよりも早く巡ってきました。

保育参観後、ママ友と食事に行くことに

とある保育園の参観日。

夫婦で行く予定だったのですが…
妻が風邪をひいてしまい、私1人で行くことに。

保育参観は午前中で終了し、昼過ぎには帰宅することになっていました。

しかし子供達がみんなでご飯を食べたいと騒ぎ出したので、急遽、私を含めたママ友同士でランチをとることに。

向かったのは昼からやっている、女性に人気のキッズルーム完備の個室居酒屋。
私はさりげなく、みかこさんの隣の席へ座ることができました。

子供もいるし、さすがにお酒は飲まないだろうと思っていると、1人のママさんが、


「1杯だけ飲んじゃおっかなw」


と言い、ビールを注文。
釣られるように、「じゃあ、私も1杯だけ」と、半分以上のママがお酒を注文。

その中には、みかこさんの姿も。
妻に変な疑いをかけられたくないため、私はウーロン茶で乾杯です。

1時間後…

予定通り1杯でストップするママ友もいれば、2杯、3杯と我が道を行くママ友も。
隣に目をやると、ほろ酔い状態のみかこさんの姿が。

お酒が入ったママ友の会話は、徐々にエスカレート。

その会話は旦那や姑の愚痴から、夜の営みなどにも及びました。
そんな中、隣から…


「私もずっとしてないなー。
てか、1年以上会ってないな。」


そうつぶやく声が聞こえてきました。
他のママ達には聞こえていないようです。

私は、「ここが連絡先を交換するチャンス!」とばかりに、彼女に話しかけました。


「あの、気を悪くさせてしまったらすみません。
1年以上会っていないと聞こえたのですが…」

「あ、えっと…
旦那が単身赴任中で、全然帰ってこなくて1年ぐらい会ってないんです。
ひどいですよね、どう思います?」


少し酔っているからか、口をプクーっと膨らませて怒るみかこさん。
何だか可愛らしい。


「それは辛いですね。
お母さん1人だと、大変なことも多そうですよね…」

「そうなんですよね。
ほんと…愚痴がいっぱい出ちゃいそうだから、もうやめときますねw」

「いえいえw
私なんかでよかったら、何でも話してください。
あ、連絡先交換しませんか?
私も妻のことで、少し悩んでることがありまして…」

「そうなんですね!
ではちょっと待ってもらってもいいですか?」


そう言い残すと、彼女はトイレの方へ向かっていきました。


-10分後-

戻ってきた彼女は他のママ友に見つからないよう、連絡先を書いた紙を手渡してきました。

この日から連絡を取り合うように。
もちろん妻には内緒です。

保育園で知り合ったほろ酔いのママ友とホテルへ

LINEを続けていくうちに、徐々に仲良くなっていきました。

愚痴なども含め、色々なことを話すように。


みかこさんとのLINE1
みかこさんとのLINE2

それを聞いた私は、思い切って誘ってみることに。


「同じくです。」

「奥様とは一緒に飲みに行かれたりしないのですか?」

「妻はほとんど飲めないので…
よかったら今度飲みにでも行きませんか?」

「ホントですか!?
でもお子様と奥様に悪いような…」

「全然大丈夫ですよ。
仕事関係でちょくちょく、女性のいるお店に飲みに行ったりもしますのでw
あ、もっかい言いますけど、仕事でですよw」

「www」

「でも、正直なところ、私がみかこさんと飲みたいだけなんですけどねw」

「ありがとうございます。
それじゃあ今度ぜひw」


その後、日時などを決めて一緒に飲みに行くことに。

月に1度か2度位であれば、ご両親に子供を預けることができるので、夜遅くなっても大丈夫とのこと。

夜遅くなっても大丈夫と聞いた時点で、セックスの期待「大」となり大興奮でした。


-待ち合わせ当日-


他のママ友達に見られると、あらぬ疑いをかけそうなので、少し離れた場所にある居酒屋に現地集合しました。


「お待たせしました。」


目の前に現れた彼女は、保育園で会う時と全くの別人。

送り迎えの時は、すっぴんに近いナチュラルメイク。
そして、パーカーにデニムを合わせたラフな格好。

それに比べこの日は、バッチリとメイクが施されています。

服装もいつもとは違い、「大人の女性」といった感じ。
簡単に言えば「いつもよりずっとイイ!」ってことですw


「え、あ、みかこさん?
いつもキレイなんですが、今日は特別キレイですね…」

「久しぶりのお酒の場なので…変じゃありませんか?」

「全然、惚れちゃいそうなぐらいキレイです。」

「ありがとうございます。
じゃあ入りましょうか。」


少し照れくさそうに微笑むみかこさん。
入店すると、とりあえずお互いビールを注文。

ビールを注文するみかこさん

「今日は食べるし飲みますよw」


そう言うと、彼女は髪を束ね始めました。

ストレートのロングヘアーもいいですが、束ねたポニーテール姿もたまりません!

そうしている間に、頼んでいたお酒が到着。

さっそく乾杯したのですが、久々の外飲みにテンションが上がっているのか、中ジョッキをすぐに飲み干す彼女。


「やっぱり外で飲むお酒は美味しいですね!」

「みかこさん、いい飲みっぷり!
私もみかこさんと飲むお酒は、いつもよりずっと美味しいです。」

「今日は子供もいないし、思いっ切り飲んじゃおっかなw」

「では私もw」


ちなみにこの居酒屋は私が予約した店で、近くにラブホがあったりします。

というか、近くにラブホがあるから予約したようなもんです。

飲み始めた彼女ですが、久々の外でのお酒ということもあってか、ペースがかなり早め。
3杯目からは日本酒に切り替えると…

2時間も経つ頃には、お互いかなりいい感じに出来上がっていました。


「あー、けっこう飲みましたね。
この後どうしましょうか?」

「どうしましょうね。
どっかオススメとかあります?」


お互い、「帰る」という選択肢はナシ。

彼女の色気にメロメロだった私は、酔っていることもあり考えるより先に誘っていました。


「ちょっと飲みすぎてしまいましたね。
少し2人きりで休みたいんですが、どうですか?」

「そうですね、飲み過ぎちゃいましたね。
2人で休む、ですか。
お任せ…します。」


SEX手形頂きました。

お会計を済ますと、そのまま近くにあるホテルへ。

ホテルは歩いて5分程の場所にあるのですが、途中で手を繋いでみました。
すると彼女はこちらを向き、少しエッチな目つきで…


「手をつなぐなんて何年ぶりだろ。」


そう言うと手を握り返してきました。

初めてのママ友とのセックスに大興奮

ホテルに入ると、パネルから部屋を選択。

2人で部屋を決めたのですが、恋人同士になったような気分で楽しかったのを覚えています。

入室すると、上着を脱ぎ、髪をほどく彼女の姿が妖艶でエロい…

髪の毛をほどくみかこさん

黒のワンピース姿になった美人なママ友。

この時、襲い掛かりたくなるのをどれほど我慢したことか…

私は気づかれないよう深呼吸すると、


「みかこさん、ハンパじゃなく綺麗です。」

「お世辞でもうれしいです。」

「キス、してもいいですか?」

「前田さんさえよければ…」


彼女を抱き寄せ、唇を重ねました。


「んんっ…」


そのまま舌を入れると、


レロ…レロレロ…
くちゅくちゅ…ちゅぅ…


彼女も舌を入れてきて、お互いの口を犯し合うように、激しく絡め合いました。


「んっ…あはっ…あっ…はふぅ…」


自然と声が溢れ出すママ友。
イヤらしい声にやられた私は制御不能に。

唇を離すと、


「もう…我慢できません、いいですか?」

「はい…
では、シャワーを…」


バスルームに向かおうとする彼女。
しかし制御不能な私は、彼女の手を掴むと、


「シャワーなんていいです。
みかこさんがもう欲しくてしょうがないです!」

「でも…」

「嫌ですか?」

「いえ…嫌ではありません…
なんて言うか…」


言葉に詰まる彼女の手を引くと、ベッドへと向かいました。
黒いワンピースを脱がすと、そこには憧れていたママ友の下着姿が…

下着姿でお尻を突き出すみかこさん

黒の下着が、彼女の色気をさらに引き立たせます。

そこからは、お互い求め合うばかりでした…

私は己の性欲を満たすため。
彼女は寂しさと、持て余した性欲をぶつけるように、何度も何度も…

初めてのママ友とのセックスは、本当に燃え上がりました。

彼女も子供が通う保育園の父親とのダブル不倫という背徳感に、もの凄く興奮しているようでした。

エッチなママ友とセフレに

いちど一線を越えた私たちは、時間を見つけてはホテルへ。
みかこさんは会うたび、エッチ度が増していきました。

私は妻に出張と偽り、彼女は親に子供を預け不倫旅行したことも。

このセフレ関係は、旦那さんが単身赴任が終わった後も続きました。

むしろ帰ってきてからの方が、寝取り・寝取られ感が増し、お互い燃え上がったというかw

以前にも不倫の経験があったのですが、ママ友とのセックスは今回が初めて。

ママ友との禁断の関係。
リスクは大きいかもしれませんが、それに見合う快楽があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。