掲載しているサービスの一部に広告を含みます

会社の先輩のおっぱいに大興奮!酔っ払って乱れ狂った憧れの人

こんにちは、ジンです。
私は20代の頃、営業職に就いた経験があります。

入社するとすぐ、女性の先輩のサポートに回ることに。
得意先回りはもちろん、一緒にランチや飲みに行くこともありました。

先輩は巨乳でスタイルが良く、ルックスもモロタイプ。

私はそんな先輩に、恋愛感情とは違う秘めた想いがありました。

「いつの日かヤりたい…」

入社から4ヶ月、その想いが叶う日が訪れます。

今回は、会社の先輩とのエッチな体験談を紹介します。

ワイシャツからはだける先輩のおっぱいに大興奮

先輩の名前はひなこ。
その日は大きな新規契約が取れた祝いで、終業後に祝杯をあげていました。

先輩はいつもよりテンションが高く、飲むペースがかなり早い状態。

1時間もすると、深酒で珍しくベロベロになっています。

「なんかここ暑くない?」

そう言ってワイシャツのボタンを外すと、ブラジャーらしきものが私の目に入りました。

当然、私のボルテージは爆上がり。
態度には出さないものの、頭の中はエッチなことばかり。

「先輩、明日は休みだし今日はとことんいっちゃいましょ!」

ゲスい私が酒をすすめていくと、1時間後には目が完全に飛んでしまっている先輩。

「ジンー、こっち来て先輩にお酌しなさいー」

「了解っす!」

くっつくように先輩の隣に座ったのですが、嫌がる素振りは全くなし。

お酌をする振りをして、先輩の胸元に目をやります。
するとワイシャツがはだけ、おっぱいの谷間がモロに見えている状態。

当時の私は20代。
今よりもずっと元気があった下半身は、完全に勃起していました。

そんな私に気づかないまま、先輩は完全に愚痴モード。

「彼女とはうまくいってんの?
エッチはちゃんとしてる?」

「あー私も彼氏ほしーなー」

「そういえば私、もう1年以上してないかも」

「もう一人ですんのやだなー」

普段は下ネタや男性のことを話さない先輩が、ぶっちゃけまくり。

目をトロンとさせ、体が常に揺れています。
あれだけヤリたいと思っていた先輩が、すぐ隣で泥酔している。

先輩とエッチできるチャンスは今しかないと、攻めることにしました!

久しぶりのセックスに乱れ狂う先輩

「1年以上って、先輩いつから彼氏いないんすか?
欲求不満の解消、俺でよかったらお手伝いしますよ?」

「ジンがー?
手伝いってどうやってぇ?」

そう言い、上目遣いでこちらを見つめてくる先輩。
私のムラムラが一気に爆発し、思い切ってキスしました。

すると少し笑いながら目をつぶり、唇を差し出してくる先輩。

「今日は先輩と一緒にいたいです」

「そうだね、でもジンさ…
なんかココ大きくなってない?」

「え、気づいてたんですか?
先輩の気のせいっすよ」

「気のせい?これが?」

先輩も完全にその気だと悟った私。
店を出ると、先輩を抱きかかえるようにして近くのホテルに入りました。

「ねぇ、さっきの続き」

部屋に入った途端、キスの続きをねだる先輩。
さっきの軽いキスとは違い、今度は舌を絡め合う激しいキスです。

そしてソファーへ移動すると、はだけたシャツを脱がせます。

ラブホで初めて見る会社の先輩の下着姿

ラブホで初めて見る会社の先輩の下着姿

いつもエロい目で見ていた先輩の巨乳が、目の前に。

興奮を抑えきれない私は、彼女を抱き上げてベッドへと向かいます。

夢にまでみたおっぱいを揉みしだき、パンティの上からアソコを触ってみると…

先輩のオマンコは、すでにビショビショに濡れていました。

泥酔でもアソコは完全にOKな状態

泥酔でもアソコは完全にOKな状態

愛撫に抗えない先輩がカワイイ

愛撫に抗えない先輩がカワイイ

「あっ…ダメだって、まだシャワー浴びてないってば」

「すいません、俺、もう我慢できないです。
先輩だって、こんなに濡れてるじゃないっすか」

「あっ…だって、こんなことするの久しぶりだから…」

「そう言えば、1年以上彼氏いないっていってましたね。
今だけ、俺が彼氏じゃだめっすか?」

そう言うと、ずっと見たいと思っていた先輩のおっぱいにしゃぶりつきます。

「んっ、あっ…あんっ!」

お酒のせいなのか、久しぶりのせいなのか。
この日の先輩の乱れ方は凄かったです。

会社の先輩とバックでセックス

会社の先輩とバックでセックス

騎乗位で喘ぎ腰を振る先輩

騎乗位で喘ぎ腰を振る先輩

たっぷり前戯をした後は、何度も体位を変えながら先輩を犯しました。
イきやすい体質だったのか、突いている途中に何度も絶頂する先輩。

「ああーいい、イくぅ。」

「ダメェ、またイっちゃう。」

「もうダメ、壊れる、また、また、イっちゃう。」

彼女が「イク!」と言うたびに、マンコをきゅーっと締め付けてきます。

彼女が3回目にイったと同時に、私もフィニッシュ。
一息ついていると、2人でそのまま眠りに落ちてしまいました。

先輩と会社でこっそりセックス

朝になって私がシャワーを浴びて出てくると、起きていた先輩。

「あ、先輩、おはようございます」

「おはよって、え?
もしかして私、ジンくんとヤっちゃった?」

「しましたよ。
先輩凄い可愛かったし、好きになっちゃいそうですw」

「えっと、昨日は飲みすぎたし、夜のことは覚えてないし。ね?
ジンくんも彼女いるんだし、だからね…」

会社の後輩とセックスしたことに焦っているのか、しどろもどろな先輩。

「昨日はあんなに俺の事好きって、言ってくれたじゃないっすか。
それに一緒にいる間は俺を恋人にしてくれるって」

まぁ、本当はそんなこと言われてないんですけどねw

そのままキスをすると、先輩は驚きながらも拒まず。
舌を入れると、先輩からも絡めてきます。

ゆっくりベッドに押し倒すと、朝からセックス。

そして以前の先輩後輩の関係には戻れないことを、じっくりと体にわからせました。

それから1週間くらいは、何もなかったような日々。
特に気まずい雰囲気もなく、お互いに今まで通り振る舞っていたのですが…

ある日、出先での打ち合わせが終わって夜遅くに帰社。
先輩と2人きりの社内で報告書を書いていた時です。

そろそろ帰ろかというタイミングでムラムラしてきた私。

このまま関係を自然消滅させたくない気持ちもあり、不意に先輩を背後から抱きしめました。

「やっぱり。そろそろ来るだろうと思ってた…」

完全に行動を読まれていたようで、キスしてもされるがまま。

今の社内は誰もおらず、守衛も部屋の中までは入ってきません。

すっかり熱くなった私は我慢の限界です。

「もう、ここでしましょうか」

「えっ?ここで?ホテルに行ってからにしよう?ね?」

先輩も、これにはさすがに驚いた様子。

しかし無視してキスを続ける私を見て、観念したようです。
ブラウスの上からの激しめの愛撫を続けていると、徐々に喘ぎ声を上げ出しました。

下着の間から手を入れたら、クチャクチャとした感触で濡れ具合も十分。

「もう入れたいんだけど…」

「でも職場だし…もし誰かに見られたらマズいよ…」

どうしても周囲が気になると言うので、室内の明かりを端だけ残して暗がりへ移動。
壁に手をつかせて、立ちバックで激しくハメまくり。

先輩もかなり興奮していたらしく、声を殺して何度もイっていました。

先輩とはその後もセックスする関係に

社内セックスは1回だけでしたが、先輩とはそれ以降も関係を持つように。

会社ではいつも通り過ごし、営業の帰りにホテルに寄ったりしています。

週末に飲みに行った後も、もちろんセックス。

フェラでご奉仕する先輩

フェラでご奉仕する先輩

ねっとりしたフェラが気持ちいいです

ねっとりしたフェラが気持ちいいです

しかし私に彼女がいたので、先輩とは付き合うまでに至らず。
先輩の北海道転勤が決まる1年後まで関係が続きました。

先輩が旅立つ前日に何度も求め合ったのが最後です。

付き合ってはなかったけど、先輩がいなくなった次の日は涙がこぼれました。

コメントを書く(何でもどうぞ)

が付いている欄は必須項目です

※コメントは手動承認となります。
すぐに公開されませんので、ご了承下さい。