キャバ嬢をセフレにする方法!キャバクラのドレス姿でセックスした体験談

こんにちは、ジンです。

私はかなりのキャバクラ通です。
セフレも何人かいました。

キャバ嬢が好きすぎて、実際に働いていたこともあります。

そして最初の嫁もキャバ嬢でした。
まぁ、離婚しましたが…。

すみません、話がそれました。

そんなキャバクラ通の私が、キャバ嬢を落とす方法を体験談を交えながらお話しします。

キャバ嬢をセフレにする重要ポイント

キャバクラの風景

まず始めに頭に入れておいてほしいのは、キャバ嬢をセフレにするのは結構難しいということ。

しかし難しいというだけで、落とせないわけではありません。

実際イケメンでもない、お金もあまりない私がキャバ嬢をセフレに出来ました。

どうすれば、キャバ嬢をセフレに出来るのか?
実体験に基づいたポイントを挙げていきます。

お持ち帰りしやすい、落としやすいキャバ嬢を狙う

どんなにステータスが高かろうが、落とせないキャバ嬢は確実に存在します。

であれば、落としやすいキャバ嬢を狙えばいいだけ。

落としやすいキャバ嬢の特徴は、下記の3つ。

■体験入店、新人のキャバ嬢

簡単に言えば、水商売歴の浅い娘。

彼女たちは慣れない接客や取れない指名で、ストレスを抱えてる事が多いです。

下ネタやグチなど、自分の話したいことは色々あると思いますが…一旦封印。

優しく話を聞いてあげることで、コロッといく新人キャバ嬢は結構います。

■指名の少ないキャバ嬢

何度か同じ店に通っていれば、指名のあるキャバ嬢と、取れてないキャバ嬢が分かってきます。

指名の取れないキャバ嬢は、自分の顧客にしようと必死。

「セックスしてでも指名を取りたい」

必死すぎる彼女たちは、「枕営業」という考えにいきつくことが多いです。
ヤれるのはもちろんのこと、セフレにできる確率も高いです。

■男性に依存しやすいキャバ嬢

はっきり言ってしまうと、下記の女性が狙い目。

  • メンヘラ女子
  • 寂しがり屋

これはキャバ嬢に特に多い傾向にあります。
メンヘラ女子は誰かに頼られたい、必要とされたい、愛されたいと常に思っています。

優しい言葉や、素直に好意を伝えてみてください。
思ってる以上に簡単に股を開きますよ。

下着姿のキャバ嬢

キャバ嬢が「抱かれたい」と思う男性になる

キャバ嬢を更に落としやすくするために。
彼女たちが「抱かれたい」と感じる男性客について、お話ししたいと思います。

キャバ嬢が抱かれたいと感じる男性客は、下記の3タイプ。

■ルックスや経済的など、何か武器になるものがある

これは言うまでもないと思いますが、1つはあった方が間違いないです。

イケメンや金持ちでなくてもOK。

  • トーク力
  • 社会的地位
  • 学力
  • 趣味

上記のように、突出していれば何でもいいです。
必ずそこにひっかかるキャバ嬢はいますよ。

■紳士的な男性(聞き上手、マナーがある)

彼女達は、イケメンやお金持ちをイヤというほど見ています。

なので、どんなにステータスが高くても性格が悪かったり、空気が読めないようではアウト。

最終的にキャバ嬢がセフレに求めるものは下記。

  • 優しさ
  • マナー

そして、それなりのベッドテクがある男性に行きつきます。

これは私がキャバで10年以上勤めた経験上、間違いありません。

■狙うキャバ嬢の好みのタイプになる

キャバ嬢だって女、自分の好みのタイプの男性に抱かれたいと思っています。

好みと言っても、外見だけでなく様々。

  • 趣味
  • ファッション
  • 体型
  • 性格

狙った女性のタイプを演じるのは効果的です。

セックスまでいったら後はセフレにするのみ

1度上手くいったからと言って、セフレになれるとは限りません。
始めは、相手の求めるセックスを心がけることが大切。

絶対に自分勝手なセックスにならないよう気を付けましょう。

賢者タイム」もかなり重要です。

賢者タイムとは、セックスした直後の時間のこと。

男性にとっては、けっこう面倒くさく感じるこの時間。
ここを上手に過ごせれば、セフレに出来る確率がぐっと上がります。

出来るだけ優しく接して、キャバ嬢の話をたくさん聞いてあげましょう。

セックス以外でキャバ嬢が特にNGなのは、束縛、不潔、ドケチな男。

セフレとして継続するために、そこら辺は気をつけましょう。

沢尻エリカ似のキャバ嬢とホテルへ

ドレス姿のキャバ嬢

その日は待ちに待ったボーナス。
仕事が終わるや否や、同僚と夜の街へ繰り出します。

居酒屋を2軒ハシゴした後、当たり前の様にキャバクラへ。

ボーナスということもあり、ソコソコいいお値段のお店へ入ったのですが…

席に着き女の子を待っていると、一気に緊張が走りました。
私の隣に座ったキャバ嬢ですが、沢尻エリカ似のかなりの美人。

沢尻エリカさん沢尻エリカさん


美人過ぎて、始めはあまり上手く話せず…。
しかし顔に似合わず、気さくで下ネタも余裕な彼女。

そのおかげですぐに打ち解けることができました。
気づけば場内指名&延長&ボトルを入れる始末。

彼女にハマった私は、週末に同じメンバーで2回目の来店。

そして翌週には初めて1人で店に行き、彼女を指名しました。


「先週ぶりー、今日は1人なんだね。」

「うん、ちょっとランちゃんにハマっちゃってねー。」


ランちゃんとは彼女の源氏名で、22歳だそうです。


「ww
ありがと。ジンさんにそう言ってもらえると嬉しいよw」


楽しい時間はあっという間に過ぎ、早くも1時間の延長。

ここで私は、自分もキャバで働いていたことがある事を話してみました。

すると閉店後の裏話や、キャバ嬢やお客あるあるの話で大盛り上がり。

気をよくした私は、思い切ってアフターに誘ってみると、何と!OKの返答が。

その後30分だけ延長すると、先に退店。

閉店後、連絡が来たので迎えに行ってみると…
そこにはキャバ嬢メイクそのままに、私服姿の彼女がいました。

最高です。

とりあえず、彼女の行きつけだというBARへ行きます。
そこでの彼女は、キャバでの印象と全く違いました。

ハイペースで飲むと、お客や店のグチが止まりません。

15分くらい聞いていると、


「あ、ごめん、なんかジンさんって話しやすいからついw」

「ううん、ランちゃんの話し聞いてるの楽しいよ。
それに元同業者だから、かなり気持ちがわかる部分多いしw」

「ありがとw
この後ジンさんはどーするの?」

「うーん、明日休みだから帰って寝るだけかな。
ランちゃんともっと一緒にいられるなら嬉しいけど。」

「私は別にいいけど?」


激熱な返答が返ってきました。

一緒に入ったお風呂で激しく絶頂を迎えたキャバ嬢

「いいの!?w」

「うん。ストレス溜まってるし、愚痴いっぱい聞いてもらいたいかなw」

「ならちょっと眠いし、二人になれるとこで聞きたいかなーなんて…」


少し気まづそうに、一応頷く彼女。

一杯飲みなおすと、そのままホテルへ。
部屋に入るなり、彼女にいきなりキスをしました。

一度キスをすると、唇を離そうとした彼女。
しかし私は、抱き寄せると更に唇を重ねました。

そのまま、口から涎が滴るほど舌を絡ませ…


「んはぁ…ねぇ、お風呂一緒に行こう。」

「あぁ…うん。」

「続きは入りながら、ね?」

「うん!」

「www」


お風呂が溜まるまで、しばしベッドでイチャイチャ…
10分後、


「そろそろお風呂、いいんじゃない?」

「ん-もう少しこうしていたいなぁ。」

「それは俺も。続きは一緒に入りながらさ。」

「しょーがないなぁ。」


下着を脱ぐキャバ嬢

目の前で脱ぎだす彼女。
黒い下着が映えすぎです!

身体を洗いっこすると、一緒にお湯の中へ。

お風呂へ入るキャバ嬢

入浴中は耳や首、胸などを、舌や手でずっと愛撫し続けました。
しばらく続けていると、


「ねぇ、コッチも触って。」


我慢できなくなったのか、彼女は私の手をマンコへと持っていきました。

彼女のアソコは、お湯の中でもはっきりとわかる位グッショリ。

ワレメに沿って指をつたわらせると、声が溢れてきます。


「あ、はぁっ」
「もっと、あっ」
「あ、あんっ」


更にマンコを濡れさせたところで、中指と薬指を挿入。

始めはゆっくり、徐々に激しくGスポットを擦るように手マンすると…


「んっ、んっ、あ、ああー、イっちゃうっ!」


エビ反りになりながら、激しく絶頂に達した彼女。


「はぁ、はぁ、ちょっとタンマ。」


少し休憩をとると、私たちはバスルームを後にしました。

激興奮!キャバで着ているドレスでセックス

お風呂から上がると、喉が乾いたこともありソファーに座り、しばし談笑。


「そういえばさ、そのカバンって仕事用だよね?」

「そうだよ?」

「もしかしてドレスとか入ってたりする?」

「入ってるよ。」

「マジで!?
あのさ、できたらでいいんだけど、ここで着てみて欲しいなぁ…」

「んー、特別だよ?」

「やった、ありがと!」


その場でドレスに着替えてもらったのですが…その姿に私の理性は崩壊。

ドレスのキャバ嬢

押し倒しました。

ドレスを捲り上げると、ノーパン。
そこにはお風呂でさんざん弄んだマンコが…

即挿入しました。

突くたびに、部屋中に彼女の喘ぎ声が響きます。
夢中で突きまくっていると、思わず中に出してしまいそうに。

慌てて引き抜くも間に合わず、少し中に出した他、彼女のドレスに発射してしまいました。


「あ、ちょっと、ドレスにかかったじゃん!」

「ごめん!
ランちゃんのドレス姿があんまりにもキレイすぎたから…」

「いや、でも…どうせクリーニングに出すからいいか。
でももうダメだからね!」

「はい!」


幸い、中に少し出ちゃったことは気付かれてないようでした。

ベッドに移動したキャバ嬢

ベッドに移動すると、今度は全裸になった彼女とじっくり…

その後、沢尻エリカ似のキャバ嬢とセフレに

キャバ嬢のマンション

あの日以降、何度か店外で会っていると、彼女のマンションにも行くようになりました。

もちろんヤりまくりです。

懐に余裕があるときは、彼女指名でお店に行ったりもしました。

指名と言っても、1セット(60分)で帰るので、7000円くらいで済みます。

当然のように、行った日はアフターからのセックス。

彼女がピルを飲んでることが分かったので、セフレになってからは中出ししまくり。

キャバ嬢に中出し

彼女がキャバクラを辞めてしばらくすると、恋人が出来たようで2人の関係は終了しました。

沢尻エリカ似のキャバ嬢と、ドレス姿でセックス…
今でもたまに思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。