職場フェラ!残業で2人きりになった同僚人妻の顔面にぶっかけた話

こんにちは、ヤッチーです。

今回は仕事場にいる数少ない女性社員、ミユキの話。

人妻である彼女とは普段から仲が良く、下ネタも気軽に話せる関係。
仕事を一緒にすることもあります。

ただ正直、女としてあまり意識していませんでした。

しかし、彼女からよくボディタッチされるので、実は私に気があるんではと思ったり。

そして、そんな私の思いがついに的中することに。

まさか職場でフェラをしてくれるとは思いませんでしたが…

興奮必至の同僚人妻との情事、画像付きなのでぜひ最後までご覧ください!

職場の同僚と二人きりで残業

とある休日、期限が迫ったプロジェクトにミスが見つかりました。

不幸にも責任者は冠婚葬祭でおらず、副責任者であるミユキに白羽の矢が立ちました。

しかしふたを開けてみると、とても一人で終わるような作業ではなかったため、急遽私を呼び出したそう。

「ごめんね。今は別の部署なのに。しかも休日に呼び出しちゃって」
「別にいいよ。それより急いでやらないと。明日でしょ?」

そう言って作業を開始した私達。

二人で相談しながら順調に作業を進めること約7時間。
時刻は夜10時すぎ、ついに作業が終わりました。

「終わったぁー!間に合ってよかったー!」

「ふう、お疲れ様」

「うん!本当にありがとう!
こんな遅くまでかかっちゃって、奥さんに怒られちゃうかな?」

肩の荷が下りて気が抜けたのか、地べたに座り込むミユキ。
スカートの中身が丸見えです。

「大丈夫だよ。妻は俺の事なんて今や何とも思ってないよ」
「そうなの?子供4人も作っておいて?」
「遠い過去の話だよ…。夜もしばらくしてないし。
そっちは旦那さんと今でもラブラブなの?」

「…私もずっとしてないよ。アソコに蜘蛛の巣張ってるかも(笑)」
「えー?そんなエロいパンティー履いてるのにご無沙汰?
噓でしょ。」

「あっ!ごめんっ!変なもの見せちゃったね。
てか、嘘じゃないって!やり方忘れるくらいしてないよ。
えっ、ちょっと大きくなってない?」

座り込んでいたミユキの目線には、スラックスを押し上げる私のチンコ。

「!」

最近していなかったからか、女性と少しエロい話をしただけで反応してしまいました。

疲労感と高揚感から、変な雰囲気になります。

ミユキは恥ずかしそうに顔をそむけています。
いてもたってもいられず、帰ろうとする私。

「そろそろ帰ろうか!」
私が顔を背けた瞬間、ドンッという衝撃が背中に。
ミユキが私の背中に抱き付いたようです。

「えっ、ど、どうしたの?」
ミユキは何もしゃべらず、ただ抱き付いています。

興奮必至!会社のトイレで濃厚フェラ射精

社内には私とミユキの二人だけ。
私に抱き着いてきたという事は、すなわちそういう事です。

据え膳食わぬは男の恥。
振り向いて彼女を抱きしめます。

華奢な身体はすっぽりと私の腕の中に包まれました。
鼻孔にかすめるシャンプーの匂いとメスの香り。

「きょっ、今日迷惑かけちゃったしさ!
男はそうなっちゃうと我慢できないでしょ?」

私の胸に顔を押し付けながら、恥ずかしそうに言葉を発するミユキ。

「ま、まあそうだね。」

「だよね…昔は旦那もそうだったし!」

「そういう時はどうやってしてあげてたの?」

「お口とか?」

そう言いながら上目遣いで私を見てきます。
その可愛らしい仕草に私の我慢も限界です。

ミユキの口にむしゃぶりつくようなキスを浴びせます。

室内に響き渡る”ピチャピチャ”という卑猥な音。
我慢できずガチガチに勃起したチンコを取り出す私。

「はぁ、はぁ。もう我慢できない、舐めて!」

「ここじゃ…警備員さんとか見回り来るかもだから…」

そう言って向かった先は職場の女子トイレでした。

我慢汁が出たチンコを彼女に握らせ、フェラチオをしてもらいます。

最初は控えめにチロチロとチンコを舐めるミユキ。

社内でフェラするミユキ

溜まっていたからなのか、少しの刺激だけで私は暴発気味に精子を吐き出してしまいました。

「うっ、あっ、やばっ!出るっ!」

「ンんっ!あっ、んんーっ!いっぱい…出たね。」

ミユキは顔に精子を浴びながら、恍惚とした表情で私を見ています。

職場の人妻同僚をラブホテルに連れ込み

「めっちゃ気持ちよかったよ。今度は俺が気持ちよくしてあげるね。」

そう言ってミユキの服をはぎ取ろうとする私に、まんざらでもないような表情のミユキ。

デニムに手を入れてマンコを確認すると、すでに少し湿っています。

クリトリスを優しく擦りながらキスをすると、気持ちよさそうに喘ぎながら耳元で言いました。

「ンンッ、あぁッ。…2人きりになれるところで…」

私の車に彼女を乗せて、近くのラブホテルへ直行です。

部屋に着くなり、シャワーを浴びようとするミユキに下着の写メを撮らせてもらいました。

それがこちら。
おっぱいは小さいですが、中々エロいでしょ?

みゆきの下着姿

私はというと、我慢できず…。

シャワーを浴びようとしていた彼女に抱きついて、そのままベッドへ。

「ちょっ、ヤッチーさんっ!シャワーっ、んんっ、アンッ」

押し倒されたミユキに覆いかぶさり、キスをしながら身体をまさぐります。

「んんっ、ンあぁッ」

快感に身体をくねらせ反応する彼女。

四つん這いにしてパンティーを勢いよくズリ下げ、露わになったマンコにむしゃぶりつきます。

四つん這いになるみゆき

「んっ、だっ、ダメッ、あぁッ!」

安産型のエロい尻とマンコをしばらく堪能。
ぐっしょりと濡れたマンコに指を入れ、手マンすると盛大に潮吹きするミユキ。

その後、ぐったりした彼女の下着を全て剥ぎ取り、クリトリスでもイカせました。

人妻だけあって開発されているので、軽い愛撫でイクのが本当にエロくて最高です。

発情しきったフェラ顔に口内射精

「ミユキさん、めっちゃイキやすくてエロいね。
こんなにエロいとは思わなかったよ。」

「はぁッ、はぁッ、久しぶりだったから。それより…そろそろ…」

「分かってるよ。ほら、尻こっち向けて?」

言うとおりに尻を向けるミユキの尻を掴み、一気にチンコを挿入します。

みゆきのアソコに挿入

「ん”ッ、ンあぁッ!」

身体をのけぞらせる彼女に、一心不乱に腰を打ち付けます。

痩せているのに尻周辺だけは肉付きがよく、実にエロい腰周りをしています。

「んっ、あぁッ、いッ、ンあぁッ!」

腰を打ち付けるたびにパンパンという音と、彼女の喘ぎ声が部屋中に響き渡ります。

どんな顔で喘いでいるのか気になったので、体勢を正常位に替えてミユキの顔を見ながら突きまくります。

つい数時間前まで単なる同僚だった人妻が、あんなにエロい顔で喘ぎ声を出しながら感じている。

そう思った瞬間、限界が訪れました。

「うッ、ぐっ、出そうっ、出すぞっ!口開けろっ!」

チンコを口に持っていくと、舌を出してエロい表情を浮かべながらチンコをしごく彼女。

口の中に出すミユキ

「いいよ…出ひてッ!」

亀頭をチロチロと舐めながら、しごかれるのがあまりに気持ちよく…
暴発したかのようにミユキの口の中にドクドクと精子を吐き出します。

それを飲み込むミユキ。
人妻とのセックスは、これだからやめられません。

お互い結婚している身なので、ゆっくりしている時間はありません。

スッキリした私たちは、そのままラブホテルを後にしたのでした。

その後、よく職場フェラしてもらう関係に

その後も、彼女との関係は良好です。
よそよそしくなることもなく、むしろ前より話しやすくなりました。

そして気になる身体の関係ですが…
もちろん1度出来たことなら、何度でも出来るのは当たり前。

溜まったらミユキにお願いして、フェラしてもらう事もしょっちゅうです。

普段誰も使わない連絡通路のトイレがいつもの待ち合わせ場所。

トイレでフェラするミユキ

最近は、昼休みにミユキを裸にしてフェラしてもらうことも。

この興奮は、何度味わっても慣れることはありません。
もちろんミユキを満足させるために、月に1度くらいラブホでセックスもしています。

職場での情事はリスクもありますが、手軽に抜けるのでとても重宝しています。

あなたも機会があれば、社内で性欲解消できる女性を探してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。