黒ギャルをセフレにする方法!出会い系のガングロギャルがビッチすぎたw

こんにちわ、ジンです。

私はギャルが一番の大好物です。

ギャルにも、白ギャルや姉ギャルなどがありますが、私は断然黒ギャル派!

黒塗りメイクに、白や金、ピンクなど明るく染めた髪。
カラフルなエクステ、ぐりぐりに塗ったパンダ目。

強めであればあるほど最高です!

ガチの黒ギャル好きな私は、黒ギャルと出会うため、否、ヤるために色々と試行錯誤してきました。

そのかいあって、ヤった黒ギャル20人以上!
セフレになった黒ギャル10人以上!

今回の記事では、私が実践してきた黒ギャルをセフレにする方法や、写メつき体験談をご紹介します!

黒ギャルと会いやすい場所3選!

普段の日常生活で、黒ギャルと出会うのはかなり難しいです。

ではどの出会い方が効率がいいか、実体験をもとにお教えします。

クラブでナンパ

定番のクラブナンパ
定番のクラブナンパ


クラブナンパは、黒ギャルとの出会いで王道です。
黒ギャル遭遇率が高いし、ナンパ待ちの女性も結構います。

自分好みの黒ギャルを見つけ、

「お酒ご馳走するから、一緒に飲まない?」

と、自然に声もかけやすい場。

クラブはお持ち帰りしやすいので、オススメです!

日サロ

日サロも黒ギャルとの遭遇率が高いです。

ただ日サロにいる黒ギャルはナンパが目的じゃないので、クラブよりはハードルが高め。

日サロにはどこでも休憩所があるので、そこに黒ギャルが座っていれば声をかけるチャンス。

日焼けという共通点があるので、話しかければ普通に仲良くなれる場合が多いですよ!

ネトナン(出会い系)

私の体験上、コレが一番楽ですね。

ヤリマンが多いし、ナンパのようなスキルも必要としません。

特にオススメなのがハッピーメール
何でかと言うと、全ての出会い系の中で女性会員数が一番多く、年齢層も一番低いから。

「年齢層が低い」ということは、黒ギャルも集まりやすいということです。

黒ギャルと出会いたいのであれば、クラブネトナンが私としてはオススメです。

黒ギャルをセフレにする方法とは?

ここでは私の得意とする、黒ギャルをセフレにする方法をご紹介します。

見た目には気を遣う

黒ギャルは男の外見を重要視することが多いので、見た目に気を使うことが大切です。

黒ギャルが好きなファッションといえば、ギャル男系、大人ツヤ系、サーフ系。

EXILE3代目、若手イケメン俳優を真似てみるのもオススメです。

何よりも大事なのは清潔感。

どれだけルックスやファッションを整えても、清潔感のない男性は論外なので注意しましょう。

ノリの見極め

黒ギャルの外見やイメージから、

「絶対ノリが大事」

そう思いがち。

黒ギャルは「黒ギャルの恰好」をするのが好きなのであって、内面は人それぞれです。

見た目は遊んでそうでも、実は奥手だったりすることがよくあります。
黒ギャルだからと一括りにせず、柔軟に接しましょう。

褒める、聞き上手、レディーファーストは黒ギャルにも有効

これは全ての女性に対して有効です。
もちろん黒ギャルにも有効。

これらを自然の流れでできる男性は、できない男性よりも女性からのリピート率が遥かに高いです。

  • 褒める
  • 聞き上手
  • レディーファースト

黒ギャルをセフレにするためにも、上記を常に意識しましょう。

理想は細マッチョ

細マッチョ


女性一番人気の体型は細マッチョ。

そして黒ギャルは、普通の女性以上にこの体型を好みます。

私は黒ギャルにモテたくて、腹筋が割れるくらい筋トレをしました。
すると性交率が上がり、ヤれた黒ギャルと高確率でセフレになれました。

黒ギャルはテクニックや財力よりも、容姿を何より重要視する女性が多いです。

ハピメの黒ギャルをセフレにした体験談

黒ギャルセフレが欲しかったので、ギャルが多いハッピーメールを利用。

女性のプロフィール検索で「ルックス→ギャル系」にチェックを入れて検索。

ルックス→ギャル系
ルックス選択でギャル系を選ぶ


さすがハピメ。
他のサイトではあまり見かけない、強めなギャルが結構います。

ギャルがずらり
ギャルがずらり


ちなみに黒ギャルだけでなく、ギャル全般の出会いが欲しいときは、

  • ギャル系
  • 小悪魔系
  • お姉ギャル系

この3つにチェックを入れて検索します。

業者を避けつつ、5人の女性にメッセージを送ってみました。

初めまして!
いきなり失礼かもですが、メッチャタイプです。

プロフ見たんですが、趣味も合いそうで思わずメールしちゃいましたw
自分も○○と××大好きなんです!
なのでよかったら返信待ってます!

○○、××のところは送る相手によって内容を変え、音楽好きだったら相手も好きそうなジャンルや歌手を。

スポーツ好きなら、チームなどを加えて。

ファーストメールは臨機応変にアタックすることが大切です。

しばらく待っていると、3人から返信が。
3人の中から、私と合いそうな1人の黒ギャルに絞りました。

女性の名はゆかり、19歳

プロフィールによると、趣味がカラオケ、車、というギャルっぽいもの多数。
あと意外なもので、アニメ、マンガなどもありました。

自分も車、アニメ、マンガ好きだという旨を添えて送信。
20分後に返信が。

ゆかりからの返信
ゆかりからの返信


当時、私は車に興味がなかったのですが「女の子ウケが良さそう」という理由から、ランクルに乗っていました。

はっきり言って、女の子ウケさえ良ければ軽トラでも問題なかったです。

とんとん拍子に話が進み、その日の夜には待ち合わせ。
ドライブに行くことになりました。

待ち合わせ場所にいたのは、思った以上にガングロ黒ギャルでした。

髪も黒ギャルにピッタリの白髪に近い金髪。
最高です。

車に乗せると、予定通りドライブへ。
車内ではアニメの話しから、アニソン大会に発展し大盛り上がり。

テンションが高いまま居酒屋へ。

趣味が合ったこともあり、盛り上がりそのままに、どんどんお酒が進みます。

2時間ほど経過したところで、


「ゆかりちゃんマジ最高!
惚れるよ?」

「ウケるw惚れちゃえ惚れちゃえw」

「じゃー惚れたから今日は朝までずっと一緒に居たいなーw」

「えー、んならさー、ジンくんち行きたい」

「汚いよ?変なものもあるかもしれないし」

「別に?てか変なものって?電マとか?w」

「声でけーよw
まぁ、微妙にあたってるけどw」

「wwwまぁいんじゃね?w」


ということで、お持ち帰りすることに。
大人の玩具があるのを分かっていながら…

ビッチな黒ギャルの舌使いに悶絶

「ビールしかないけどいい?」

「全然OK!」


私の自宅につくと、とりあえずソファーに座りビールで乾杯。
しばし、飲みながら談笑しところで、


「ちょっとトイレ借りるよー」

「おっぱい見せてくれたら貸すよー」


冗談のつもり言ったのですが、


「しゃーねーなー、ホレ」

ガングロギャルのおっぱい


流れでヤれるとは思っていたけど、まさか本当に見せてくるとは…

以外に胸が大きい…黒乳首もGooooood!


「ゆかりちゃん最高!隣来て!」

「いや、だからトイレだってば」

「えーちょっとだけ、何もしないから!w
するけどしないから!」

「すんじゃんw」


そう言いつつも隣に座る彼女。
いちゃいちゃタイムスタートです…

キスをし…舌を絡め…胸をに触れ…下着越しにマンコに触れてみると…


「もう濡れてんじゃん」

「ジンくんだって勃ってんじゃん」

「舐めてくれたら、もっと大きくなるよ?」

「なら舐めようかなw」


レロレロ…ジュポジュポ…チョプッチョッ…チュパッ…

チンコ全体をヨダレを塗りたくるように舐めまわすと、一気に根元まで咥えてきました。


「ヤバ…」


かなり上手いです。


「ゆかり…かなり上手いべ?w」

「ヤバいね、このままだとイっちゃいそうだから、今度は俺の番。
足広げて。」


足をひらく黒ギャル

言われた通り足を広げる彼女。
下着からナプキンのようなものがハミ出ていたので、


「生理なの?」

「違うよ、おりものシート。
生理だったら、さすがに家来ないってw」


生理じゃなかったことに一安心。
クリトリスを下着越しに触れてみると、


「あっ…そこヤバいから…あっ…あんっ」


ねちっこく、じっくり時間をかけ触れていると、どんどん喘ぎ声が大きくなっていく黒ギャル。


「そうだ、ウチには変なものあるって言ったよね?
それでも来たのは、ゆかりちゃんだよね?」

「あ…はぁ…はぁ…どーゆーこと?」

「こーゆうこと」


私は彼女の目の前にバイブを差し出しました。


「お尻こっち向けて」

大人の玩具にもノリノリなガングロギャル

彼女は言う通りにお尻を向けました。

思っていたよりボリューミーなヒップ。
下着を少し下げると黒いアナルが。

ガングロに黒い肌、黒い尻、黒いアナル…黒ギャルマジ最高です!

遊んでそうなので、マンコも黒ずんでいるのかと思いきや、結構キレイなピンク色をしてます。

早く挿入したい気持ちを抑えつつ、先程のバイブを彼女のマンコへ。


「あ、あ、あ、あああーーっ!」


黒ギャルをバイブ責め

始めはゆっくり、徐々に激しく…
バイブを抜き差しするたび、喘ぎ声とともに大量の愛液が溢れてきます。


「あー、そこ、そこ気持ちいい」


バイブの動きに合わせて、腰を振り出してきました。

黒ギャルのお尻

「あー、ダメっ、イくっ!イくっ!」


身体を震わせ、絶頂に達した彼女はソファーに大量の潮吹き。
息を荒くし、ソファーに座り込む彼女。


「あーあ、こんなに汚して。
お仕置きしないとね?w」

「はぁ?お仕置きとかヤダしー、エッチならいいけどさー。」

「じゃーエッチなお仕置きでw
とりあえずシャワー行こ。」


私たちは2人でシャワーを浴びることに。

黒ギャルのセックスが見た目通りビッチすぎた

お風呂場では2人で身体を洗いっこ。
フェラもしてもらいましたが、上手すぎです。

先に上がって待っていると、バスタオルを巻いた黒ギャルが登場。

バスタオルを巻いた黒ギャル

たまりません!


「待ちくたびれたよー、早くこっち来て」


ベッドに座り、手招きする私。
あとはご想像の通りベッドイン…

彼女は後ろから突かれるのが感じるようです。
四つん這いや、寝たまま、腕をひっぱりながらなど、バックで突きまくりました。

2回戦ヤったところで、少し休憩と思いましたが、


「もっと、もっと!」

アソコを広げる黒ギャル

自らマンコを広げ、要求してくる彼女。
結局、彼女のテクと外見に溺れながら合計3発。

途中、バイブの他にローターも取り出したのですが、それにもノリノリ。

バイブで遊ぶ黒ギャル

自分でマンコにローターを入れると、


「このまま挿れて」


ローターを入れたまま、挿入を要求してきたりもしました。

ローターを入れたまま、挿入を要求

ヤりまくったせいか、次の日は2人で昼まで爆睡でした。

黒ギャルセフレGET!

この日以降、黒ギャルとはセフレ状態に。
彼女との関係は1年以上続きました。

その間、色々なセックスを一緒に楽しみました。
エッチなアニメを観ながらヤったり、拘束具を使いソフトSMみたいなことをしたり。

セフレになって2回目の時のこと。


「経験人数?
200人はいってないと思うけど…」


平気でそう答える彼女。
セフレは常時、数人はいるそうです。

それでも彼女のマンコが緩いことはなく、むしろ締め付けはかなりヤバかったです。

アソコを見せる黒ギャル

あなたも黒ギャルと出会っていい体験して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。