若い子好きな悶々としたエロい主婦とセフレになれた体験談

若い子好きな悶々としたエロい主婦とセフレになれた体験談

自分は24歳のフリーターです。

こんな自分を相手にしてくれる女性って、普通に生活をしていたらまず出会えません。

仕事も安定していないし、そもそもバイト先に出会いもないし、遊びに行くお金も無いし…。

そこで、遊べる相手でも見つけたいな~という淡い期待で始めた出会い系。

いくつかした中でも、ワクワクメールが自分にはしっくりきました。
 
 
ワクメを利用している内に、素敵な女性(人妻)と出会える結果に。
想像してたよりもエッチな出会いってあるもんですね…

典型的なエロい主婦との出会いに成功!

元々、年上の女性ってタイプだったんですが、出会い系に登録してからさらにヒートアップしちゃいました。

何故なら、好みに近いタイプの女性をプロフ検索で簡単に見つけられるから。

しかも、相手のプロフィールを見るだけならポイントも減らずお金もかかりません。
(貧乏人の私にはうれしいシステムw)
 
 
早速、30~40代でアダルト目的の女性を検索すると…
思っていた以上にエロいお姉様が沢山います。

登録前に色々な体験談を読みましたが、調子に乗っちゃうとデリヘル業者に引っかかってしまう危険性があるようなので…。

デブスとかは仕方ないにしても、デリ業者には会いたく無いですからね(笑)

1週間ぐらいはプロフ検索と掲示板を眺めるだけに留めておき、良さげな人を数名チェック。

業者っぽい人を除外していき、一人の女性に狙いが定まったところでメッセージを送ります。
 
 
メッセージを送った女性のスペックはというと、

  • 42歳 専業主婦
  • 登録理由は「若い子と遊んでみたいから(20代希望)」
  • タイプ的にはぽっちゃり系。時間はいつでも大丈夫。

典型的な出会い系にいる主婦って感じ。

メッセージを送ると翌日には返信があり、出だしは好調。
内容も会うことを前向きに考えてくれている様子です。

直アドの交換は実際に会うまではNG。
無料ポイントもあったので、ケチらずにワクメのメッセージで連絡を取り合いました。

ライン交換には至らないまでもワクメ内で人妻とメッセ交換開始

 
3日ほどメッセージ交換をして、お互いに会っても大丈夫かな?と思ったタイミングで待ち合わせの日時を決めます。

約束は5日後。
自分のバイトが休みだった水曜日の昼間、駅前のスタバで決定。

40代のエロい主婦とセックス目的で会える…

そう考えるだけで、所構わずギン勃ちしてしまうのが、ちょっと恥ずかしかったです(笑)

見た目30代っぽい普通の主婦が来た!

待ち合わせ当日。

遅刻だけは絶対にできない…と思い、1時間前に近くの本屋に行って立ち読みをしながら時間を潰していました。

そして約束の時間10分前にメッセージを送り、スタバへ…。

いざ、勝負の時です!
 
 
正直、出会い系体験談の類はよく読んでいましたが、実際に会うのは初めて。
 
期待も大きかったですが、すっぽかしや冷やかし、怖いお兄さんが出てくるんじゃないか…という不安もあります。
 
 
コーヒーを注文し、2人分の席を確保したところで再度メッセージを送信。

すると「すぐ行きますね。ベージュのジャケットを来ているので目印にしてください」と返信。

ドキドキしながら待つ事数分。(めっちゃ長く感じましたw)

ベージュのジャケットを着た女性が近づいて来て声をかけてくれました。
 
 
「あの…、××君かな?○○ですけど…。ここ座ってもいい?」

「は、はい。××です。よ、よろしくお願いします。」

「そんなに緊張しないでよ。なんか恥ずかしいじゃない(笑)」

「スミマセン、こういうの初めてで…。」

本当に会えた!
そして、40代にしては若いな~、というのが第一印象。

特別綺麗…って感じではなく、どこにでもいそうな普通の人です。

でもそれが妙にエロい雰囲気(そういう目で見ていたから?)で、人妻モノのAVとかにいそうに感じました。

出会い系もなんとなく慣れている様子。
これは期待しても良さそうです。

善は急げって事で、早速店を出ます。

万一、知り合いに見られても言い訳しやすいように…という事なのか、念のためホテルの前までは別行動。

2~30メートルぐらい距離をおいて、彼女が後ろからついてくる形でホテル街へ向かいました。

この辺も「慣れているなぁ…」という印象。

経験豊富な淫乱主婦に骨抜きにされる

ラブホのロビー前で再度集合して、部屋に向かいます。
部屋に入ると、慣れた様子で服を脱ぎお茶を用意してくれました。
 
 
「ねぇ、××君はこんなおばさんでも良いの?」

「むしろ年上の女性がタイプなんで…。むしろ、嬉しいです!」

「私も若い子が好きなんだ。今日はいっぱい楽しませてね。」
 
 
エロい目つきになったかと思うと、いきなりキス。

しかも、舌をねっとり絡めてくるようなディープキスに一瞬意識が飛びそうになりました(笑)

これで自分も完全にスイッチオン。
逆に押し倒して服の上から胸を揉みます。

「そんなに慌てちゃダメ。シワになっちゃう。」と諭されましたが、彼女も嫌がる様子はありません。

一瞬だけ冷静になり、二人とも服を脱いでベッドへ。

シャワーも浴びていませんでしたが、ここまで来ちゃうとお互いに止まりません。

チンコに手が伸びて来たかなと思った矢先、そのままパクッ。
即尺ってやつです。

「この匂い好き」

うっとりとしながらフェラをしている顔は、AVなんかとは比べ物にならないほどエロくて興奮します。

かなりガッついてくる感じだった上、相手は経験豊富なエロい主婦。

それに対して自分はワクメ初心者の上、それほど経験豊富な訳でもなく。

1回戦はそのまま口の中へ暴発…完敗でした(苦笑)
 
 
当然、それだけで満足する訳もなく、2回戦のおねだりというか、半強制的な流れに。

人妻の熟練セックステクにもう暴発状態

チンコはまだまだ元気!

でも、正常位で入れた瞬間に腰に足を回され締め上げられる感じがヤバくて、3分も保ったかな?というぐらいで暴発。

3時間の休憩時間で完全に骨抜きにされ、家に帰ってからもしばらくは白昼夢を見ているような気分でした。

セフレ…というか、オモチャにされた俺

相手を満足させられるようなセックスも出来なかったし、2度目はないかな?とネガティブに考えていました。

しかし数日後、彼女の方から「また会えない?」とメッセージ。

一度のセックスで終わったかと思いきやまさかのリピート

もちろん断る理由もないので、どうにか都合を合わせて指定された場所へ向かいます。

どうやら、若い子を相手に主導権を握ってセックスをしたのが気に入った模様(笑)。

自分的には欲求不満な主婦のオモチャにされちゃったかな?という印象でしたが、悪い気はしません。

それ以降、週1のペースで会うようになり、いわゆるセックスフレンドの関係に。

しかもホテル代は毎回彼女が出してくれるので、自分的にも理想的な相手をゲットできた形になります。

安心して会える状況が作れたら人妻はもう止まりません

ただ、ここまで話が上手く行きすぎると、不安になるのも本音なわけで…

「こんなに頻繁に会っていて大丈夫?
旦那さんとかにバレてない?お金の心配もあるけど…。」

「それは大丈夫。
前にも浮気を疑われた事あるんだけど、アイドルの追っかけをしてるって事にして誤魔化しているから。
実際に、ジャニヲタだしね(笑)」

「ジャニヲタだったんだ(笑)」

「でも、追っかけやっていた時よりもお金かかってないし、家の事もちゃんとやってるし。
構ってくれない旦那もわるいんだから、これぐらい良いでしょ?(笑)」

奥さん、完全に悪い目つきになってますよ!(笑)

まぁ、そのおかげで自分も楽しい思いが出来ているわけですが。
 
 
余談ですが、他にもエロい出会いがないかな?と思って頻繁にワクメをチェックしていますが…

ここまでがっついた人妻とのエッチまでは至っていません。
 

もちろん会えてはいるんですけどね。
この人妻さん程エロい人はまだいないので、相性もよかったんだと思います。