LINE掲示板を使うのは絶対やめておいた方がいい理由とは?

恋愛目的でもセフレを作りたい場合でも、出会い系サイトやコミュニティサイトで交換するのは、今やLINEのIDが主流ですよね。

とりあえずLINEに持ち込めれば一段落、後はいつごろ会ってエッチするか…そんな使い方の男性も多いでしょう。

日本では2016年末の時点で6,800万人ほどのLINEの利用者数がいます。

ちなみにFacebookで2,600万人の利用者数なので、実質日本国内では1番使われているソーシャルメディアと言えるでしょう。

そんなユーザー数の多いLINEなので、女性と知り合えるLINEID交換のための掲示板「LINE掲示板」が多数生まれ、さらに様々なLINE掲示板を便利に検索できる「LINE掲示板アプリ」などもあります。

無料で使える事もあり、一時期は「すぐに会える」とか「簡単にセフレを作れる」などの噂で、火が点いたかのようにLINE掲示板が乱立していきました。

LINE掲示板の「完全無料」「セフレ探し放題」…どこかでよく目にしてきたワードですね。

そう、昔被害にあった人も多い悪質出会い系サイトの常套文句ですね。

クリーンな大手出会い系サイトに人気が集中してシェアを奪われた悪徳業者が、LINE掲示板に移行しているだけの話なのです。

騙されやすい人は少し形を変えたものに「また騙される」という訳です。

しかも性質の悪いことに、騙されるのは成人男性ばかりではなくて、女性や未成年者も中にはいます。
LINEの知名度と利用者数を考えれば、そういう人達も一定数いて当然ですね。

こういった人達はネットでの危機管理に疎いことが多いので、簡単にトラブルに巻き込まれやすいのです。

それではLINE掲示板はセフレ探しに使えないのでしょうか?

LINE掲示板でセフレが探せるかどうかを結論付けると、セフレ探しどころか女友達すらできません。

そんなLINE掲示板のセフレ作りに使えない理由を具体的に見ていきましょう。

悪徳業者の誘導

LINE掲示板ではセフレの相手探しを始め、趣味の話題や地方の出会いなど、様々なジャンルのコミュニティ掲示板があります。

どれも結局、自分のLINEIDと簡単なメッセージ等を掲載して相手を待つ訳ですが、LINEメッセージを送ってくるのは大抵がチャットガールかサクラです。

出会い系サイトでよく取り沙汰されるサクラ。

もちろん運営側が雇っている悪質な出会いサイトもありますが、最近の大手出会いサイトではサクラを使った悪質な出会い系業者が登録して、自社の悪質請求サイトなどに誘導していることが多いのです。

つまり、大手出会い系サイトの意図とは関係のない、悪質な誘導業者が存在するということです。

そんな業者が個人情報むき出しのLINE掲示板を放っておく訳もなく、参加するとあっさりと不正サイトに誘導されたり情報を抜かれます。

不正行為でアカウントを消される大手出会い系サイトを介する必要もないですし、直接個人のLINEIDに営業できるのですから、業者にとってはオイシイですよね。

LINE掲示板アプリも同様で、管理されていない無法状態の掲示板は悪質な業者の温床です。

ましてや管理ノウハウも無く、プロでも無い管理人が片手間で見分けのつきにくい悪質業者のなりすまし投稿をどうにかできる訳がありません。

LINE掲示板で知り合えるのは業者ばかり

LINE掲示板で知り合えるのは業者ばかり

普通の恋愛探しや婚活目的とは違って、セフレ探しなどのアダルト出会いを探す男性は結果を急ぎたがる傾向があります。

可愛い女の子やセクシーな写真を見せられて判断があやふやになってしまい、うっかり業者の誘導に引っかかる可能性も高いです。

業者は引っかかったユーザーを確実に利益化させるために、昔のような「無視しとけばOK」では済まない、巧妙なものにしているものもあります。

例えば、主にアダルト系サイトでよくあった「ワンクリック詐欺サイト」は最近全く見かけませんよね。

社会問題化までしたワンクリック詐欺が法的にできなくなったため、規約ページを挟んだ2クリック3クリックの後払い契約サイトにして、無視では逃れられなくした訳です。

有名な「財産譲ります」や、女の子の「別のサイトに参加してるから、そっちでしよう」などの安易な誘いに乗らないのもありますが、誰でもIDが見れるLINE掲示板に投稿するのはイタズラなどのトラブルに合う危険度も上がるので避けましょう。

危険すぎる未成年との出会い

「前にLINE掲示板を使ったけど全然会えなかった。」…その失敗は、むしろラッキーだったのかもしれません。

もしアナタが未成年の女の子と偶然にも知り合い会っていたら、今頃はとんでもない事態になっていた可能性があります。

しかし「多少のリスクがあっても未成年の女の子と出会いたい(エッチしたい)!」という男性も少なからずいるでしょう。

では、未成年との出会いのリスクはどういったものなのでしょうか?

以前は何かと話題となっていた、出会い系サイト絡みでの未成年児童被害ですが、近年の被害動向は100件以下と相当減少しています。

その変わりに増加したのが、出会い系以外のLINEなど無料チャットやアプリのコミュニティサイトとなり、未成年児童の被害は1600件以上と増加しています。

もちろんこのデータは、あくまで表に出てきた把握されている件数なので、実際はもっと多いことでしょう。

「本物の女の子がいるのなら、出会える可能性も高いじゃないか」と思ったアナタは特に危ないですね。

未成年と知らずにテンションMAXで待ち合わせて、ホテル前で職質→現行犯逮捕…という流れも十分ありますが、女の子についていくと怖いお兄さん達が出てきて「家族や会社にバラされたくなかったら…」「警察沙汰になりたくなければ…」となる美人局もあります。

こういったトラップは大体が男性の泣き寝入りで終わるので、被害件数としてもなかなか上がってきません。

表沙汰にしたくないのに、通報したり被害届けを出すような男性は相当少ないでしょう。

未成年との出会いは危険すぎます

未成年との出会いは危険すぎます

逆に援助交際を持ちかける未成年に対して、警察は「サイバー補導」という援助する大人のフリをした、おとり捜査をしている場合もあります。

たまにこういう美人局犯罪グループが捕まって、被害総額ウン千万とか言われたりしますよね。

しかも未成年側はあくまで補導扱いですし、捕まった成人男性が青少年保護育成条例違反でほぼ罪をかぶる形になります。

仮に1度きりの関係に留まったとしても、その後に未成年の女の子が援助などで捕まれば、過去のやり取り履歴から辿られる可能性だってあります。

またLINEで援助に誘う文章などの証拠がある場合、相手家族から訴訟されたりと散々な目に合う可能性もあります。

状況次第で不起訴処分もありえますが、訴訟になるとまず勝ち目は無い上に、在宅や罰金で済んでも社会的にはかなり立場が悪くなる事は明白ですね。

最近は特に未成年絡みのトラブルに対して世間の目は厳しいです。

仮に未成年でなく悪質な業者でもない、運良く見た目も程々な本物の成人女性がLINE掲示板にいたとしても、凄まじい件数のメッセージで会える訳もないです。

年齢認証もせず、特に管理もしっかりしていないLINE掲示板は、犯罪に合うことも含めてハイリスクすぎるという訳ですね。
後からいくら後悔しても遅いんです。

大手出会い系サイトと比べると

LINE掲示板と大手の出会い系サイトを比べて大きく違う点は、キッチリ管理されているかいないかという部分です。

具体的な管理の内容は、先述した悪質業者の参加を防ぎ削除しているかどうか、年齢認証をしているかの2つに尽きます。

年齢認証に関しては「出会い系サイト」を謳う以上は法的に必要な内容なので、むしろ年齢認証していない出会い系サイトは危ないと言えます。

出会い系サイトでの未成年被害が劇的に少なくなったのは、この法律(出会い系サイト規制法)ができた成果でもありますね。

出会った女性が実は未成年だった…なんて事故はほとんど無いと言っていいでしょう。

悪質業者の参加については、先述した「大手出会い系サイトの意図とは関係のない悪質な誘導業者」を野放しにしていると、サイトの評価は確実に下がります。

業者の内訳を知らないユーザーから見れば、サイトが雇ったサクラに見えてしまうからなんですね。

大手の出会い系サイトになると、こういった悪質業者のなりすまし登録の問題は避けられず、細かい管理ができるかどうかになってきます。

もちろんそれは運営会社もわかっているので、独自のマニュアルなどを作成したりして、業者対策にはかなり力を入れています。

LINE掲示板には業者対策もないので、比べるまでもなく悪質業者のやりたい放題になっています。

機能面や料金などサービスの違いはそれぞれの大手出会いサイトで違いますが、上記の2点はどの大手出会いサイトもやっている内容です。

個人的には、余計なトラブルやリスク・厄介な業者のことを考えると、LINE掲示板よりも大手の出会い系サイトの方が安心して使えると思います。

当然、トラブルの可能性が全く無いというわけでもありませんし、気をつけるに越したことは無いですが、責任を取るべき運営元があるというのは大きいですね。

まとめ

LINE掲示板でセフレが探せるかどうかを結論付けると、LINE掲示板はセフレ探しどころか女友達すらできません。

LINE掲示板ができ始めた当初はともかく、今となってはLINEIDという個人情報を自ら晒して、業者からの迷惑メッセージが拒否しきれないくらいたっぷりと来るだけです。

しかもLINEの関連付け機能を有効にしたままだと、電話帳のLINEユーザーに通知されるので、特に既婚者だと即バレて大惨事となります。

1人2人なら気をつけられても、何十人にもなるとうっかりな危険度も高くなりますしね。

本物の女性でもLINE掲示板をしている可能性はあります。

しかし、それを上回る量の業者投稿・競争率の高さ・セフレという制限された出会い・未成年の可能性、その全てをかい潜りセフレを作るのはほぼ無理だと思います。

できたとしても相当な根気と時間と運、LINE掲示板を知る勉強が必要でしょう。

ハッキリいって、大手の出会い系サイトで模索する方が遥かに早いし安全と言えます。

LINE掲示板が「無料」でできるのは確かに魅力的ではありますが、無料なのは相応の理由があるものだという認識も持ちましょう。