【ご近所でセフレにした話】ワクメで出会った24歳がエロい

ワクメで出会った24歳の子がご近所でセフレにできた話

前回、初めて使った出会い系を使ってみたところ、見事若くカワイイセフレをゲットできました。

都合が合えばエッチしている感じですね。
しかし…セフレは何人でも欲しいというのが男の性(サガ)というもの。

もっとレパートリーを充実させたい気持ちになってきます。

そこで色々考えた結果、もっと都合のつけやすい手軽に会えるご近所のセフレが欲しいなぁ…と。

さらにこれを機に、他の出会い系にも手を出すことにしてみました。

ワクワクメールで近所の女子を探す

今回試すのは、ワクメことワクワクメール

ワクメも老舗だけあって使い勝手は良好。
検索画面で相手の写真が見える点が、個人的に気に入っています。

狙うのは、セックスしたい時に手軽に遊べる子。

つまり突発的に会いたいとき会える近所の子です。
ワクメは市区町村単位でプロフィールの検索ができるので、近くに住んでいる女の子を探すのには都合が良いです。

早速自分が住んでいる辺りの子を探してみると…

今回は近所の子を狙うので、露骨にエロい目的の子よりは普通に友達付き合いできそうな子がいいかなと。

近所でセフレ探し

若い子が好きなので、20代半ばくらいまでで探してみると…たくさん見つかりますw

とりあえず写真が好みの子にメッセージを送って様子を見てみます。

近所の公務員女子と出会う

夕方、仕事を終えてワクメをチェックしてみると…
数人からメッセージが来ています!

中でも気になったのが、職業「公務員」という「マキちゃん」。

公務員といえばお堅いイメージだったんですが、出会い系使ったりするんですねw

返ってくるメッセージも、公務員だけあって真面目な感じで好感が持てます。

他の子は業者かどうか判断しにくかったので一旦保留。
今回はこの子に的を絞ってみます。

例のごとく、しばらくお互いの特徴や世間話的な内容を往復させてLINEに無事移動。

そして会話の中で判明したことが…

なんと最寄り駅が同じご近所さん!

近くといってもまさか同じ利用駅とは予想外ですね。

同じ駅の利用者

しかし、この子を逃す手はありません。
何としてもセフレにしたいです。

ちなみに現在は彼氏無しで、しばらくセックスもご無沙汰ぽいので狙い目ですねw

それから会うタイミング見つつ、数日間やり取りを続けていると…
彼女が「最近カラオケに行ってないから行きたい」なんて言い出しました。

都合が良いことに今日は木曜日、明日は週末。

これは誘ってみるしかありませんね!

「じゃあ一緒にカラオケ行く?明日は週末だし夜とか空いてる?」

「明日ですか?カラオケだけならいいですよ\(^o^)/」

「ついでにラブホとか行かない?」

「行きません!」
セックスは断られてしまいましたが、ひとまず会う約束はできました。
カラオケなら密室なので、じっくりチャンスを狙うことにします。

小柄なむっちり女子は巨乳だった

約束の金曜日。
仕事上がりの夜7時に、渋谷駅で会う約束になりました。

お互いの職場からの最寄駅は別なのですが、どちらも駅周辺にラブホが無いという大問題を抱えているので、これまた近場の渋谷に決めました。

モヤイ像前に集合ということにしていましたが、今回は私が少しばかり遅刻。

約束の時間に10分程遅れて到着すると、モヤイ像の前に小柄だけど肉付きのいいスーツ姿の女の子がいます。

いかにも公務員っぽい風態なので、直感的にマキちゃんだと分かりました。

早速声をかけてみると、やはり正解。
イメージ通りの真面目そうな子です。

少しぽっちゃりしていますが、胸はかなりありそうなので期待大w

挨拶もそこそこに早速カラオケボックスへ移動。
よくヒトカラでストレス発散しているというので、たまには人と行きたい時もあるんだそう。

カラオケボックスと言えば密室。
なにかと距離を詰めやすい場所なので、こちらも心躍るというものですw

というわけで、某水色看板のカラオケ屋に入店。
仕事上がりで空腹だったので、とりあえず何か食べくなりました。

「マキちゃん何か食べる?それともお酒飲む?」

「じゃあどっちもで!」

まさかのカラオケ飲みになってしまいましたが、そこは好都合。
彼女から曲を入れてもらいイントロが流れ出すと、なにやら懐かしい感じが…

なんと彼女が入れた曲は松田聖子の名曲「青いサンゴ礁」。
思わず吹き出しそうになりました。

いくらなんでも選曲が渋すぎる…
しかもなかなか上手いw

「ごめんなさい、私あんまり今の曲知らないから古いのばっかになっちゃうけど」

歌い終わった彼女が申し訳なさそうにそう言いますが、私もどちらかと言えば流行りの曲より懐メロ派なので助かります。

「俺も懐メロのほうが好きだから大丈夫だよ」

それを聞いた彼女は嬉しそうに笑うと、次の曲を入れるためにデンモクとにらめっこです。

それから3時間ほどカラオケを楽しましたが、8割は彼女が歌っています。

お酒も数杯飲んで、あちらはだいぶ酔いが回ってきた様子で、音程が所々はずれるようになってきました。

ここが好機と、そろそろ次の一手に出てみましょう。

彼女はまだまだ歌うつもりのようで、今度はこれまた懐かしいキンキの「硝子の少年」。

これなら私も歌えます。
そこでマイクを取って彼女の隣に急接近。

彼女は一瞬驚いたようですが、「一緒に歌おうか」と言うと「うん!」と快諾。

曲が始まると同時に、今度は肩に手を回し引き寄せると…
酔っているせいなのかは分かりませんが、まんざらでもない様子。

そんな感じで密着したまま歌い終え、次は更にグッと抱きしめてみます。
するとさすがに雰囲気を察したのか少し恥ずかしそうに。

「ケンさんエロいこと考えてるでしょ…」

既に目論見はバレています。
こうなりゃ攻めるのみ!

「マキちゃん結構カワイイよね。実は会った時からエロいことしたいって思ってた」

「えっ、それちょっとひどい〜」

口ではそう言いつつも嫌がっている感じはありません。

むしろ嬉しそう?
意外とチョロい子ですねw

「出会い系使ってるんだからさ、こういうことになるのも分かるよね〜?」

もはや有無を言わさず、私の右手はボリューミーな胸をワシワシ揉んでいます。
ぽっちゃり気味なだけあって、服越しでもなかなかの揉み心地!

「もうここでヤっちゃおっか?」

「だめー」

「なんで?」

「ちゃんとしたとこがいい…」

「じゃあホテル行こっか」

「行く…」
ゴーサイン出ました!

早速カラオケボックスを後にして、道玄坂のラブホ街を目指します。
道すがら彼女はだいぶ酔いが回っていたらしく、足取りがかなり怪しい…

仕方ないので腕を組んで、半ば引きずるように連れ歩く様は、端から見れば酔っぱらいのカップルでしょう。

お互い酔った勢いでラブホセックス

程なくして道玄坂に到着。

今回使うのは「ホテルパリス」です。
渋谷でキレイなラブホといえばここでしょう。

各部屋もコンセプト有りで、女の子ウケもいいのでよく使います。

部屋に入ったら早速彼女を抱き寄せ濃厚なキスをかますと、あとはなし崩しにベッドへ…

せっかくの凝った内装に目もくれず、彼女をひん剥いて全裸に。
Cカップはありそうな胸が露わになりました。

セフレに期待

彼女は恥ずかしそうに身をよじりますが…
半ば力づくで押さえ込んで足を開かせて股間に手をやってみると、既に垂れるほど濡れています。

真面目そうな顔してとんだスケベ娘です。

こんな公務員が許されていいはずありません!
私のチンポで鉄槌を下してやります!

「もうぐちょぐちょじゃん、そんなにヤりたかったの?」

「だって、最近してなかったから…」

などと言い訳をしていますが、スケベなのに違いありません。
その証拠に、少し手マンしてやっただけで潮まで吹いてしまいましたw

私も既に我慢の限界。
このまま生で挿れてやろうかとも思いましたが、キチンとゴムは付けます。

そして、正常位から一気に奥まで挿し込むと、それまで控えに喘いでいたのに、どうやら良い所に当たってしまったのか、激しく喘ぎ出しました。

小柄なだけあって締まりも良く、正直かなり気持ちいい…
私としたことが5分くらいでイってしまいました。

近所の子とラブホエッチ

ご近所のセフレが出来た!

結局、その日は門限があるということで、日付が変わる前に彼女と別れました。

1回戦で結局入れて5分くらいしかできなかったので、少し物足りないというのが正直なところです。

翌日、特に彼女から連絡は無かったので、少し不安になりつつもこちらから連絡をいれてみると、すぐに返事が来ました。

近所のセフレゲット

やりました!
これなら今後も友達として付き合っていけそうです。

一応普通の友達ということで、セックスは気が向けばということですが、あの調子ならすぐその気になるでしょうw

まさかこんな簡単に近所でセフレが見つかるなんて…
今回もまた、出会い系の魅力を知ることができて大満足ですw

セフレの出会いはワクワクメール