PCMAX初挑戦!可愛い人妻セフレに本気になってしまい、逃げられた失敗談

PCMAX初挑戦!可愛い人妻セフレに本気になってしまい、逃げられた失敗談

僕がPCMAXに登録した理由は「なんとなく」でした。

出会い系体験談の投稿を見ていても、正直な話、半信半疑…というより「そんな美味い話あるわけないだろ?」という気持ちの方が強かったですね。

しかし、興味が全くない…と言えば嘘でもあります(笑)

だったら、モノは試しに…と思い、とりあえず登録してみることに。

無料ポイントの範囲で遊べば損はしないし「会えなくても話のネタにはなるだろう」ぐらいの軽い気持ちです。

可愛い素人セフレが欲しくて、出会い系PCMAXを徹底研究

登録して早々に、数名の女性から「条件付き割り切り希望」のメッセージを貰いました。
当然、事前に下調べはしていたので、割り切り系は全部無視。

目的はエッチで可愛い素人女性との出会いだけです!

作戦は色々あるようですが、初心者が我流でセフレ目的でサイトを使うより、解説記事を参考にした方が良いことは間違いないでしょう。

まずは解説記事に倣って、プロフの設定と掲示板、メールの書き方をチェックしておきます。

参考:PCMAXでセフレ!実際に会った流れを具体的に紹介します

ぶっちゃけ、プロフはほぼコピペで作りました(笑)
あとは、アダルト掲示板をチェックして「すぐ会いたい」に投稿している女性を除外。

諸々の準備を整えて、3日目になってやっと「すぐじゃないけど」の掲示板に投稿をしました。
(この時に「マッサージできます」って書いたら、反応がよかったですね)

すると、4人分の足跡がついており、そのうちの1名から「気になるメール」が届いています。

人妻からメール


プロフを見ると、どうやら既婚者のようです。
特に悪い印象はなく(と言うより、これじゃ良いのか悪いのかもわかりません)年齢も近い事もあり、試しに返信をしてみます。

人妻のプロフ

人妻なのは確実

この時点までは比較的スムーズに進み、気持ち的にも「もしかしたら会えるかも?」に近い半信半疑に(笑)

直メ&LINE交換はNGだったので、そのままサイトでメッセージ交換を続ける事になりました。

ちなみに、無料ポイント分なら0になっても問題ない…と思っていましたが。
出席確認をしているとボーナスポイントが貰えたので、思ったより長く楽しめました。

あと、マイルスロットの加点も意外と大きかったですね。

これだけで結構長続きです。

暇つぶしでピシマを使っている専業主婦と待ち合わせ

この女性は「専業主婦」にはなっていたものの、どうやら共働きのようで、旦那さんとのすれ違いの時間が多い…という話。

子供もいないので、自由時間も比較的多く「タイミングが合えば食事ぐらい付き合いますよ!」と、会うことに対しても抵抗はないみたいです。

暇つぶしでピシマに登録している人妻ってホントにいるんだな…と実感しました。

自分も最初は暇つぶし&モノは試し…程度のノリでしたが、ここまで来ると期待値は高まります。

お互いに都合の会う時間を相談し、まずは一回会ってみよう…という事に。

女性経験が無いわけではありませんが、ネットでの出会い経験は無かったので、何を決めたらいいかわかりません。

…となれば、また解説記事を読み返し、待ち合わせのコツや店選びのポイントをチェック。

最終的に、お互いが住んでいる地域の中間地点駅で待ち合わせをして、カフェデートをする事に決定。
約束の当日、朝一でメールを送って予定の再確認です。

14時から予定がある…とは言っていましたが、食事だけでも儲けもの…と思い、そのまま約束をして待ち合わせ場所に向かいます。

人妻と待ち合わせ

待ち合わせ場所にいたのは、ショートカットの可愛い系人妻

解説記事には「すっぽかされても、それはよくある話」と書いてあったので、気持ちの準備だけはしておきました。

ところが、約束の時間に指定された場所に行くと、教えられた服装をした女性の姿!
メールを送るとこっちにも気がついたようで、小さく手を振って合図をしてくれました。

現れた人妻


平常心を保つようにはしていましたが、敢え無く崩壊(笑)


「は、はじめまして…。○○さん…ですか?」

「こんにちは。そんなに緊張しないでくださいよ(笑)」

「いや〜、スミマセン。こういうサイトで女の人と会うの初めてで。しかも、思ったより可愛い感じの人だし。緊張するな…って方が無理ですよ」

「え〜、そんなに可愛くないですよ。普通のおばさんですって。」

おばさんと言っても29歳ならまだまだでしょう。

第一印象は「ショートカットの多部未華子」で、こんな可愛い人もピシマを使っているんだ〜…と、正直、驚きでした。

多部未華子


失礼ながら特別美人とは思いませんでしたが、愛嬌があるというか可愛い感じなのは間違い無く。

まずは一回会ってみよう…というだけの話でしたが、それ以上の期待もしちゃいます。

日中に人妻とカフェデート、からのラブホへ

まずは彼女のリクエストであるカフェデートとガッツリ食べたい僕のリクエストから、おしゃれなハンバーガー屋をチョイス。

初対面でしたが彼女が気さくな人柄だった事もあり普通に楽しいデートでしたが、左手に指輪をしている人と…と考えると、その点は刺激的でした。

まずは人妻と食事に

人妻との初デート


「○○さんって、こういう感じで会った人とよく遊ぶの?」

「そこまで多くないけど、仕事と家の往復だけだとストレス溜まるからたまに…かな?」

「いや、こういうデートって初めてだから…。未だ信じられないっていうか…。」

「男の人でもそういう事いう人いるんだね。逆にちょっと新鮮で面白いかも(笑)」

クラブナンパや酔った勢いで女友達とセックスした経験はあっても、普通の可愛い人妻と昼間っから…なんて経験はなかったので、今まで感じたことのない気分の高まり。

人妻が白昼に出会い系で知り合った男と会っているって考えると、想像していた以上にドキドキしました!

食事が終わればそのまま散歩…といいながら、裏路地を抜けて目立たない場所にあるラブホへ…

可愛い人妻とラブホへ


彼女の方も14時から予定が…とか言っていた割に「あー、また今度でいいかも…。」と気にしていない様子です。
(変な男と会っちゃった時に逃げ出す予防線だったと後日判明)

人妻と白昼不倫セックス!セフレ化に成功

チェックインを済ませて部屋に入ると、もう興奮は抑えきれません。
彼女の方もそれを察してか、

「強引にされるのって犯されているみたいで好きかも♪」

の一言。
その後の記憶はほとんど飛んじゃいました(笑)

セックス中にスマホで撮影した写メを見ると、正常位でハメたり騎乗位で気持ちよくしてもらったり。

お互いにイッた後に、イラマ風にお掃除フェラをさせた写真を見ると、なんとなく思い出せますが、その時は無我夢中でしたね。(おかげでブレブレ^^;)

人妻との正常位

可愛い人妻の騎上位

セックス後の人妻フェラ


我に返って冷静さを取り戻したのは、お互いにシャワーを浴びて一息ついてから。
他愛ない世間話で盛り上がりながら、旦那さんや仕事場の愚痴を聞いたり、興味あるセックスの話をしたり。

この時に僕が一人暮らしのマンション住まいだと伝えると「じゃあ、今度遊びに行っていい?」といたずらっぽく笑っています。

可愛い人妻セフレと自宅でセックス三昧できたものの、撃沈

もちろん、断る理由もないので後日、自宅マンションでお家デートを楽しむ事に。

彼女も「日勤+残業で遅くなる」と言って家を出てきているとの事に加え、僕も有給消化分が残っていたので、その日は丸1日セックス漬けです(笑)

人妻の自宅でセックス

すっかり人妻セフレ


いわゆる「人妻セフレ」ってやつですね。
モノは試し…で登録したピシマで、こんなセフレの結果になるとは思いもしません。

可愛い人妻セフレと出会えてセックスを楽しめただけでもラッキーなのに、その女性がまさか自宅にまで遊びに来てくれるセフレになるなんて…

世界で一番幸運な男は僕じゃないかと本気で思いました(笑)

…が、運の尽きも予想以上に早く訪れ、幸運な体験は約2ヶ月で終了(セックスの回数的には4回かな?)

ある日突然音信不通になり、メールを送っても宛先不明でエラー。
ピシマも既に退会したようで、こちらから連絡を取る術はありません。

人妻セフレには失敗


どうやら、僕の方が彼女に対して本気になってしまったというか、情が移ってしまったのが原因のようです。

それを察した彼女が、面倒な話になる前にフェードアウトしたっぽいですね。

確かに、音信不通になる直前のメールを読み返して見ると「今度はいつ会える?」的な内容が多くなっていたな…と。

相手は既婚者だから、過度な連絡はNG…という事を忘れていました。

出会い系のルールを失念していたのは初心者とは言え痛恨のミス。
仕方がないとは言え、一方的に振られるのはさすがに痛いですね。

それでも出会い系でのセフレ探しはやめられない

ネタ話にはなったし失恋(?)のショックも大きかったし。
もう出会い系遊びはしなくてもいいかな…と、振られた日は結構凹んでいましたが…

一度、美味しい思いをしちゃうと癖になる気持ちもよくわかりました。

結局、その後も新しいセフレ出会いを求めてピシマは継続(笑)

出会えてるかどうか…というと、その時々によって成功したり失敗したりしていますが、それなりに楽しんでいます。

初心者でも会えるPCMAX