【割り切りエッチ】ハピメで出会った天使のセックスが最高すぎた

こんにちは、ジンです。
今回はちょっと珍しい、割り切りエッチ体験談になります。

何が珍しいかと言うと、今回の彼女めちゃくちゃ満足度が高かったんです。

満足度が高すぎて、何度かリピしちゃいましたw
そして何度かリピしていたら…

ハッピーメールで出会った割り切り女子が天使だった

この日はとにかくヤりたかったんです!

歳が離れててもいい、可愛くなくてもいい。
とにかくエッチしたかったんです!

ということで、即セックスできそうな女性を探すためハッピーメール(R18)に投稿しました。

PCMAX掲示板

メッセージを載せたのはアダルト掲示板、下記の4つ。

  • 今すぐ会いたい
  • 大人の出会い
  • 大人の恋人関係
  • 刺激的な出会い

私が掲示板に載せた投稿は以下。

今日、仕事が急に休みになりました。
同じく暇を持て余してる方いたりしませんか?

全く予定がないので、丸一日ホテルでまったりなんてのもいいかもw
年齢や容姿は気にしませんので、気軽にメール下さい。

ちなみにハッピーメールは、全てのジャンルに毎日無料で投稿できます。
やらない手はありません!

約30分の間に、6通メッセージが届きました。
しかし6通全てが、業者か割り切り目的の女性…

普段ならスルー…

なのですが、どうしてもエッチしたかったので、一番よさそうな子に返信しました。

ハピメのメッセ

お互い割り切りで会うつもりだったので、条件や待ち合わせ場所など、話はサクサク進みます。

話の途中途中で女性が引くような質問も挟んでみたのですが…
ノリが良く、下ネタも全然アリな彼女。

話していて楽しかったです。
これで可愛ければ最高なんですが…

彼女は何も予定がないそうで、一日まったりでもOKとのこと。

1時間半後、彼女の最寄りの駅に私が車で迎えに行くことになりました。

着いたら連絡が欲しいと言われていたので、着いた旨を伝えてみると、


「あ、着きました?
駅前のコンビニの入口にいるんだけどわかりますか?
黒いロングヘアーで、デニムのスカートに黒いストッキング履いてます。」


車中からコンビニに目をやると、それらしき女性がいました。
駐車場に車を止めます。


「すみません、こころさんでよかったですか?」

「はい。」


えっと…当たりでした。
超大当たりでした。

韓流アイドルにいそうな感じ。
キャバクラでも十分通用するレベルのルックスです。

エッチ大好きな割り切り美女とホテルへ

割り切りの経験は何度かあったのですが、可愛い娘にあたったのは今回が初めて。

それもただ可愛いだけじゃなく、めちゃくちゃ可愛いです。


「初めまして、てかここちゃん可愛すぎない?
ちょっと緊張しちゃうんだけど…」

「えー、なら辞めときます?w」


人懐っこく答える彼女ですが…可愛すぎます!


「いやいや絶対辞めないから!
じゃーどうしよっか、このまま行く?
それとも軽くランチでもする?」

「んー、ちょっと何か食べたいかな。」

「何でもいいよ。ここちゃんの好きなとこ行こ。」

「それじゃ…」


駅中にあるカフェに行くことになったのですが、向かう途中、彼女から手を繋いできました。

割り切りエッチのはずでしたが、ちょっとしたデート感覚。

悪くありません。
むしろ、めっちゃ楽しい!

ランチ中も車の中でもよく話し、よく笑ういい娘です。

ホテルに入室しても、ノリが抜群。

ノリの良い彼女

ノリノリのまま、一緒にお風呂に入ることに。

あまりこういうのは聞かない方がいいのですが、入浴中つい聞いてしまいました。


「なんでここちゃんみたいな娘が、割り切りなんかしてるの?
ここちゃんなら、キャバとかでもっと稼げると思うけど。」

「んーぶっちゃけお金好きだけど、エッチはもっと好きだから。」

「そんなに?彼氏とか大変そうだねw」

「彼氏かー。毎日してくれる人じゃないと無理かなw
それで「もう無理」とか言われて別れたこともあるしw」

「マジかw」

玩具セックスで何度も絶頂する姿がエロすぎた

お風呂でたっぷり恋人気分を味わった後、いよいよベッドイン。

彼女の魅力に我慢の限界がきていた私。
ベッドに上がるなり、


「舐めてもらっていい?」


彼女はクスッと笑うと、


「もう先っぽからなんか出てきてるじゃんw」


笑いながら私のモノを咥え始めました。

天使のフェラチオ

それにしてもここちゃん…
SEXが大好きだと言うだけあって…

マジで…
上手すぎ…

フェラがうますぎ

5分かからずイかされてしまいました。
最短記録です。


「うわっ、ちょっ、早すぎ。顔にかかったじゃん!」

「ご、ごめん、」


私は、急いで彼女の顔にかかったものを拭き取りました。


「じゃー私のことも気持ち良くしてよねw」

「もちろん!」


この後、体位を変えながら2回戦。
色々な体位を試したのですが、中でも正常位は最高でした。

最高の正常位

自らマンコを広げ、抜き差しがはっきり丸見え。

突くたびにイヤらしい汁が溢れ、更に「ヌチャヌチャ」「パンパン」とイヤらしい部屋に響きます。

そして、それ以上に響き渡る彼女の喘ぎ声。
2度目の射精。

彼女はまだ満足していないようでしたが、お願いして一度休憩することに。

一緒にベッドで横になると、


「休んだらまたしようねw」

「あ、うん、ここちゃんとなら何度でも。」

「ホントに?w」

「ガンバリマス…」

「今日は一日中まったりできるって言ってたもんねw」


彼女は本当に可愛いし、いい娘なのですが、体力が…

そう言えば、玩具が大好きだって言ってたことを思い出しました。


「ここちゃん、玩具使ったエッチも好きって言ってたよね?」

「うん。」

「ちょっと使ってみていい?」

「えー好きだけど、すぐイっちゃうよ?」

「そんなん聞いたら余計使ってみたくなっちゃうじゃんw」


もともと部屋に備え付けてあった電マに加え、ローターを購入しました。

少し休憩後、玩具を使いながらセックス。

ローターを使いセックス

「あっ、いや、ダメっ!」

感じまくりの天使

使わないでヤっていた時と、感じ方が段違い。

さっきは私ばかりイかされましたが、今度は彼女をイかせることに成功。

玩具とチンコのコンボで、何度もイかせてあげました。

体を仰け反らせ、体ビクンビクンと痙攣させながらイク姿が最高にエロい…

4回目までは割り切り、5度目からはセフレに

ローターセックス

あまりにも彼女が最高過ぎたので、何度も割り切りで会いました。

そして5回目に会う時のこと。
彼女の方からこう言われました。


「今日から希望はいいよ。そのかわり一杯気持ち良くして?」


この日から、彼女との関係はセフレに。

最近は会えてはいませんが…
セフレになったばかりの頃は、週に1度位の割合で楽しませてもらいました。

彼女以外にも割り切りで何人かに出会いましたが、彼女ほどの女性にはまだ会えていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。